野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤクルト打線が虎中田を攻略、3回に5安打一挙6得点! 廣岡ソロ弾&塩見2点打

ヤクルトは21日、阪神との練習試合の3回、打線が爆発して一挙6点を挙げた。廣岡のソロ本塁打、塩見の中前2点打など、阪神の先発中田から5安打を集中して大量点を奪った。

3回に中前2点打を放ったヤクルト・塩見泰隆【写真:荒川祐史】
3回に中前2点打を放ったヤクルト・塩見泰隆【写真:荒川祐史】

吉田大成の適時打、野選、雄平の犠飛などで得点を加えた

 ヤクルトは21日、阪神との練習試合の3回、打線が爆発して一挙6点を挙げた。廣岡のソロ本塁打、塩見の中前2点打など、阪神の先発中田から5安打を集中して大量点を奪った。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 山田哲が下半身の張りで欠場。青木、坂口、エスコバーらが先発を外れる中、若燕が躍動した。0-0で迎えた3回、先頭の廣岡が左中間席へ放った先制弾が号砲となった。渡辺の二塁打などで1死一、二塁として「2番・二塁」で出場した2年目の吉田大成が右前適時打。西田の三ゴロが阪神大山の野選を誘って3点目を挙げた。

 さらに村上の内野安打で1死満塁とすると、売り出し中の3年目塩見が中前2点打。続く雄平の中犠飛で、この回計6点を挙げた。

「5番・左翼」で出場した塩見は守備でも魅せた。1回1死一、三塁でボーアが放った飛球を捕球すると、本塁へ矢のような送球。タッチアップで本塁を狙った三走・糸原を悠々刺した。

 20日の阪神との練習試合に7-2で快勝したヤクルト。この日も序盤で主導権を握った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」