野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • パ・リーグ
  • 「もはや芸術」 糸井、井口らが見せた豪快バット投げにファン興奮「芸術」「爆イケ」

「もはや芸術」 糸井、井口らが見せた豪快バット投げにファン興奮「芸術」「爆イケ」

プロ野球は本来であれば開幕しているはずだったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕は延期となり無観客での練習試合が行われている。球場観戦を心待ちにするファンの心を少しでも満たすような映像を「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeが「厳選動画ベスト100」と名付け続々と公開している。今回は「もはや芸術」と言えるバット投げ特集だ。

ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】

打った瞬間に確信した選手たちが見せるバット投げに反響の声続々

 プロ野球は本来であれば開幕しているはずだったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕は延期となり無観客での練習試合が行われている。球場観戦を心待ちにするファンの心を少しでも満たすような映像を「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeが「厳選動画ベスト100」と名付け続々と公開している。今回は「もはや芸術」と言えるバット投げ特集だ。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

「もはや芸術の域…華麗なるバット投げ師たち」と題された動画には2015年シーズンのパが誇る主砲たちが“打った瞬間”に確信する本塁打を放った後に見せる華麗なバット投げを特集している。まずは当時オリックスに所属していた糸井嘉男外野手(現阪神)が登場する。QVCマリン(現ZOZOマリン)で行われた一戦で見せた流れるような動作で見せたバット投げが先陣を切った。

 続いて登場するのは当時楽天の後藤光尊氏。身体を沈めて捉えた打球は快音を残しスタンドへ一直線。確信した後藤氏は歩きながらバットを「ポーン」と上に投げた後、ダイヤモンドを回った。当時ロッテの主軸だった井口資仁監督のバット投げも芸術だ。完璧に捉えた打球を見つめながらバットを宙へ投げる姿はまさに“絵になる”ワンシーンとなっている。

 さらには当時ソフトバンクの吉村裕基外野手(現沖縄琉球)が披露した放物線を描くようなバット投げは豪快だった。打球を見つめながらノールックで放たれたバットは弧を描きながら宙を舞っている。

 この芸術の数々にファンからは「吉村のバット投げは至高」、「井口は芸術」、「糸井爆イケw」、「ゴッツマジ大好き」、「ごっつ神」など思い思いのコメントを寄せている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」