野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 筒香嘉智
  • レイズ筒香の初キャンプを地元メディアはどう見た? 守備で評価も課題は「速い球に…」

レイズ筒香の初キャンプを地元メディアはどう見た? 守備で評価も課題は「速い球に…」

メジャーリーグは新型コロナウイルスの影響で開幕が延期となり、スプリングトレーニングも中断となった。レイズの筒香嘉智外野手にとっては初のキャンプだったが、その成果は地元紙にはどのように映ったのだろうか。

レイズ・筒香嘉智【写真:Getty Images】
レイズ・筒香嘉智【写真:Getty Images】

初本塁打を放つも13三振、守備では左翼と三塁につく

 メジャーリーグは新型コロナウイルスの影響で開幕が延期となり、スプリングトレーニングも中断となった。レイズの筒香嘉智外野手にとっては初のキャンプだったが、その成果は地元紙にはどのように映ったのだろうか。

【PR】名作野球アニメやドキュメンタリー作品も充実 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 地元紙「タンパベイ・タイムズ」は「我々がレイズのシーズンが中断する前までに分かったと思う10のこと」と題した記事を掲載。その中で筒香についての印象を語っている。

 筒香はオープン戦12試合に出場し、28打数5安打の打率.179、1本塁打、3打点。守備では三塁手、左翼手として、それぞれ4試合ずつ出場しており、「左翼で問題なく、三塁でも十分に良かった」と、及第点を与えている。

 強打を武器にメジャー挑戦した和製大砲だが記事では「予想通り、日本とは異なるメジャーリーグの速い球に適応する時間が必要となる」と指摘。筒香は初安打、初本塁打を最初の2試合で放ったものの、三振数はチームトップの13だった。

 筒香がメジャーに適応するにはまだ時間が必要そうだが、スプリングトレーニングの中断とオープン戦の中止によりその練習も困難となってしまっている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」