野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人坂本にかかる6つの大記録 今季達成が期待される12球団打者の節目の記録

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が延期となったプロ野球。新たな開幕日がなかなか決まらない2020年のシーズンだが、今季も様々なマイルストーン(記録の節目)を迎える選手がいる。中には多くの連盟表彰記録を控えている選手もいる。

巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】
巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】

坂本は2000安打だけではなく1000得点や350二塁打、250本塁打など数々の記録に近づく

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が延期となったプロ野球。新たな開幕日がなかなか決まらない2020年のシーズンだが、今季も様々なマイルストーン(記録の節目)を迎える選手がいる。中には多くの連盟表彰記録を控えている選手もいる。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 そこで今季の達成が予想、期待される主な記録を見ていきたい。まず、今回は4つ以上の記録達成が期待される打者を紹介する。

○坂本勇人(巨人)
・2000本安打(過去52人)現1884安打 あと116
・1000得点(過去42人)現983得点 あと17
・350二塁打(過去43人)現348二塁打 あと2
・250本塁打(過去63人)現223本塁打 あと27
・3000塁打(過去59人)現2943塁打 あと57
・200盗塁(過去77人)現152盗塁 あと48

 2000本安打の史上最年少記録への期待がかかる坂本だが、開幕の延期で難しくなりつつある。ただ、それ以外にも過去数十人しか達成していないハイレベルの記録が目白押しだ。順調に試合に出場すれば、盗塁を除く記録はクリアするだろう。

○福留孝介(阪神)
・2000試合出場(過去51人)現1866試合 あと134
・2000本安打(過去52人)現1897安打 あと103
・400二塁打(過去12人)現394二塁打 あと6
・300本塁打(過去42人)現280本塁打 あと20
・1000四球(過去15人)現971四球 あと29

 4月26日に43歳になる現役最年長選手の福留。日米通算では2000本安打をクリアしているが、NPB単独での2000本安打まであと103本としている。さらに過去12人しか記録していない400二塁打、過去15人の1000四球など大記録も控えている。

○中島宏之(巨人)
・350二塁打(過去43人)現320二塁打 あと30
・200本塁打(過去106人)現195本塁打 あと5
・3000塁打(過去59人)現2712塁打 あと288
・1000打点(過去46人)現919打点 あと81
・150死球(過去5人)現134死球 あと16

 オリックスから移籍した昨季は43試合の出場にとどまったが、今季はオープン戦では4本塁打、打率.351と好調。200本塁打以外の記録はほぼフル出場しない限り達成が厳しい記録が多いが、どこまで迫れるか。

○鳥谷敬(ロッテ)
・1000得点(過去42人)現992得点 あと8
・350二塁打(過去43人)現348二塁打 あと2
・150本塁打(過去174人)現138本塁打 あと12
・3000塁打(過去59人)現2945塁打 あと55

 3月に入ってロッテへの入団が決まった鳥谷は、試合、打席、打数、四球数で現役選手のトップに立っている。春季キャンプに参加せず、調整が遅れているが、開幕延期は鳥谷にはプラスに作用しそうだ。今季は初めてパ・リーグでプレーすることになるが、どこまで数字を伸ばせるか。

○山田哲人(ヤクルト)
・250本塁打(過去63人)現202本塁打 あと48
・200盗塁(過去77人)現168盗塁 あと32
・1000試合出場(過去504人)現964試合 あと36試合
・2000塁打(過去173人)現1919塁打 あと81塁打

 今年7月16日で28歳となる、まだ若い山田だが、早くもマイルストーンがいくつも控えている。山田が200盗塁に達すれば、史上17人目の200本塁打&200盗塁の達成者となる。山田は史上最多の3度のトリプルスリーを記録しており、4度目の偉業への期待もかかる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」