野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ佐々木朗、初打撃投手で最速157キロ「打たせる気持ちなかった」一問一答

ロッテのドラフト1位ルーキーで最速163キロを誇る佐々木朗希投手(大船渡高)が24日、本拠地ZOZOマリンスタジアムでプロ入り後初めて打撃投手を務めた。ドラフト5位の福田光輝内野手(法大)、22歳の茶谷健太内野手を相手に計25球。安打性の打球は6本。茶谷から空振りを1つ奪った。球場のスピードガンで最速157キロを計測した。終了後、報道陣との主な一問一答は以下の通り。

プロ入り後初の打撃投手を務めたロッテ・佐々木朗希【写真:宮脇広久】
プロ入り後初の打撃投手を務めたロッテ・佐々木朗希【写真:宮脇広久】

佐々木朗はプロ初の打撃投手で最速157キロも納得せず「球速にばらつき。修正して安定していい球を」

 ロッテのドラフト1位ルーキーで最速163キロを誇る佐々木朗希投手(大船渡高)が24日、本拠地ZOZOマリンスタジアムでプロ入り後初めて打撃投手を務めた。ドラフト5位の福田光輝内野手(法大)、22歳の茶谷健太内野手を相手に計25球。安打性の打球は6本。茶谷から空振りを1つ奪った。球場のスピードガンで最速157キロを計測した。終了後、報道陣との主な一問一答は以下の通り。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

――初の打撃投手を務めた。
「初めてバッター相手に投げて、ボールが多かったですが、ストライクゾーンにも投げられましたし、風とかこの球場の特徴を感じながら投げることができました」

――今日のテーマは。
「特に細かいテーマは持たず、バッターに投げること自体がすごくいい練習だと思うので、しっかりストライクを自分の思うように投げれるようにと」

――球の走り、フォームのバランスは。
「悪くはなかったですけど、もう少し良くなると思います」

――球速は最速157キロを計測した。
「球速にばらつきがあったので、修正して安定していい球を投げられるようにしたいです」

――久しぶり打者相手に投げた感覚は。
「バッター相手に投げることができて、すごく楽しかったですし、(調子を)上げていきたいなと」

――ZOZOマリンの風の特徴はつかめたか。
「(風向きなどは)日によって違うと思うので、その特徴をつかみながら有効に使っていきたいと思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」