「怖さ感じた」「高め直球に強さ」 “2軍3冠王”ロッテ安田らが語った佐々木朗希の衝撃

プロ入り後2度目の打撃投手を務めたロッテ・佐々木朗希【写真:宮脇広久】
プロ入り後2度目の打撃投手を務めたロッテ・佐々木朗希【写真:宮脇広久】

佐々木朗は打撃投手として17年ドラフト1位・安田、山口と対戦した

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手が27日、プロ入り後2度目の打撃投手を務め、初めて打者相手に変化球を解禁した。“対戦相手”は、左打者の安田尚憲内野手と右打者の山口航輝外野手の2人で、5球ずつ交互に打席に入った。

 2017年ドラフト1位で3年目の安田は昨季、2軍とはいえイースタン・リーグで本塁打、打点、安打の“3冠”に輝いている。佐々木朗に対しても左中間へ痛烈な長打性の打球を放ち、「なかなか捉えることができなかった。特に高めのストレートに強さを感じました。インコース寄りのスライダーもスピードがあり、とても良かったです」と称えつつ、「対戦していて楽しかったです」と少し余裕もうかがわせた。

 一方、佐々木朗の1歳上でドラフト4位入団の山口は、差し込まれてのファウルが多く、変化球を1球、空振りするシーンも。「マジで見たことのない速さでした。怖さを感じました。ヤバかったです。変化球は、来るとわかっている状態なので、ある程度対応することができましたけど、分かっていない状態だと、スライダーを中心に振ってしまうと思います」と仰天。秋田・明桜高時代には「何度か練習試合で(佐々木朗のいた大船渡高が)ウチのグラウンドに来ていましたけど、投げませんでしたので(対戦は)初めてです」と語っていた。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY