野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

遊撃→三塁→二塁 日替わりポジションを「楽しみ」と受け止めるロッテ鳥谷に共感

28、29日に予定されていた2軍の練習試合、ロッテ-西武2連戦(メットライフドーム)は、新型コロナウィルスの感染拡大による外出自粛要請を受けて中止となった。特に29日は、ロッテに移籍した前阪神・鳥谷敬内野手と西武に14年ぶりに復帰した松坂大輔投手の“直接対決”が実現する見込みだっただけに残念だった。

ロッテ・鳥谷敬【写真:宮脇広久】
ロッテ・鳥谷敬【写真:宮脇広久】

「課題をもらっているので、やりがいを感じてやっていきたい」

 28、29日に予定されていた2軍の練習試合、ロッテ-西武2連戦(メットライフドーム)は、新型コロナウィルスの感染拡大による外出自粛要請を受けて中止となった。特に29日は、ロッテに移籍した前阪神・鳥谷敬内野手と西武に14年ぶりに復帰した松坂大輔投手の“直接対決”が実現する見込みだっただけに残念だった。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 今月10日に電撃入団が発表された鳥谷は、27日までに2軍戦9試合に出場して31打席に立ち、30打数7安打1四球(打率.233)。守備位置は遊撃→三塁→二塁→遊→三→二の順に日替わりだった。「今はとにかく数多く打ち、数多く捕って、試合勘を取り戻す作業」と言い、1軍昇格へ順調に階段を上がっていたが、ここにきて足踏みを余儀なくされた格好だ。

 プロ入り以来16年間を過ごした阪神を退団し、新天地を得た鳥谷。実は筆者も、昨年11月いっぱいで約29年間勤めた会社を退社し、新しい環境で働いているので、勝手に感情移入しているところがある。鳥谷は「日替わりでいろいろなポジションをやるというのは、今までなかった」と戸惑いを口にしつつ、「いろんなポジションの質を上げていかなくてはいけないが、それはそれで楽しみ。課題をもらっているので、やりがいを感じてやっていきたい」と言う。プロ入り後1度も経験のない一塁守備も想定し、ファーストミットを発注したほどだ。

 阪神では遊撃手としてゴールデングラブ賞に4度輝いた。2016年9月からは三塁にコンバートされ、翌17年には新ポジションでもゴールデングラブ賞を獲得、18年の開幕は二塁で起用されたが、ロッテで期待されている“便利屋”の役割とは意味合いが全く違う。ベテランといわれる年齢となってなお、新しい環境、役割への挑戦を「楽しみ」と受け止める姿勢には、大いに共感する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」