野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

“平成の大エース”斎藤氏が確信する菅野智之の復活 「責任を受け入れる力がある」

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、NPBの今季開幕は大幅に延期されることになった。選手は2月1日のキャンプインから開幕に向けて状態を仕上げてきたが、一旦休止。新たな開幕日が決まり次第、そこに向けて調整を始めることになる。開幕日が延期されたのは、東日本大震災が起きた2011年以来のこと。当時、巨人の1軍投手コーチを務めていた斎藤雅樹氏は「この時間をどう使うかですよね」と話す。

通算180勝を誇り“平成の大エース”と言われた斎藤雅樹氏【写真:荒川祐史】
通算180勝を誇り“平成の大エース”と言われた斎藤雅樹氏【写真:荒川祐史】

新型コロナで開幕が大幅延期も、巨人にとっては「いい時間」

 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、NPBの今季開幕は大幅に延期されることになった。選手は2月1日のキャンプインから開幕に向けて状態を仕上げてきたが、一旦休止。新たな開幕日が決まり次第、そこに向けて調整を始めることになる。開幕日が延期されたのは、東日本大震災が起きた2011年以来のこと。当時、巨人の1軍投手コーチを務めていた斎藤雅樹氏は「この時間をどう使うかですよね」と話す。

「開幕投手だったり野手だったり、当然3月20日に合わせてやってきて、ずっと高めてきた気持ちが抜けちゃう感じもあると思います。でも、今は次の開幕まで1か月近くあるから、少しリラックスしていいんじゃないですか。当然、調子のいいチームや選手はそのまま行きたかったでしょうけど、逆に故障があったり調子がイマイチだった選手にとっては、むちゃくちゃいい時間ですよ。そう思った方がいい。戦力が整っていないチームにとっても、いい時間になります」

 2011年の時も、選手やチームに「いい時間にしよう」と語りかけたという斎藤氏。今回の開幕延期で生まれた時間は、古巣・巨人にとって「いい時間」になるだろうと考えている。

「オープン戦とはいえ、なかなか上手くいかない状況が続いていたわけだし、いいんじゃない?(笑) ピッチャーも、特にサンチェスは日本のボールやマウンドにアジャストする時間が増えたわけだから、非常にいいと思いますよ。高橋(優貴)にしても故障しているわけだから、それが間に合えばジャイアンツにとってはいいことです」

 今季、巨人の先発ローテはエース菅野智之、サンチェス、それに戸郷翔征、桜井俊貴、田口麗斗らが続くと見られるが、3番手以降は不確定だ。だが、春先に先発ローテが安定しないのは「どこでも一緒」と斎藤氏は話す。

「今年の菅野はいいと思います。あとは2本柱というところでサンチェス。オープン戦ではいまいちだったのが、少しずつ良くなってますね。ただ、もう少し長いイニングを投げるところが見たい。3番手は戸郷だ、田口だと言われてるけど、この辺は年間を通して固定するよりも、3番手以降は戸郷、田口、高橋、桜井、メルセデス、そのあたりで状態のいい人を上手く当てはめていく方がいいんじゃないかと思います。去年も結局はそうだったじゃないですか。原(辰徳)監督が上手く若い投手を起用していく方法が、僕はカギだと思っているんですよ」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」