巨人ディプランではや8人目 異例のハイペースで増える支配下昇格の背景は?

巨人のナティーノ・ディプラン【写真:荒川祐史】
巨人のナティーノ・ディプラン【写真:荒川祐史】

31日に巨人はディプラン、ロッテはフローレスの支配下登録を発表

 巨人は31日、育成選手だったドミニカ人右腕ナティーノ・ディプラン投手を支配下登録した。NPBが支配下への移行を公示した。26歳のディプラン。育成契約の規約で26歳以上の外国人選手の支配下登録期限は3月末と決められており、ディプランはこの日が登録期限だった。

 この日はロッテもホセ・フローレス投手の支配下選手登録しており、2人目の支配下登録に。巨人では2月28日に支配下登録されたイスラエル・モタ外野手に続き、今季2人目の支配下登録となった。巨人の支配下登録はこれで67人となり、残る登録枠は3人。

 今季は各球団で支配下登録に昇格する育成選手が例年以上に多く出ている。2月には、まず楽天が下妻貴寛捕手が支配下に復帰し、オリックスの漆原大晟投手、そしてモタが支配下契約を勝ち取った。

 オープン戦が終わり、3月16日にはソフトバンクの尾形崇斗投手、砂川リチャード内野手の2人が支配下登録選手となった。3月26日には中日のモイセ・シエラ外野手も支配下となっており、今季は早くも8人の育成選手が支配下への切符を掴んだことになる。

 例年であれば、開幕直後となる3月末。この段階で8人もの選手が支配下に昇格するのは、これまでに無かったことだ。育成選手制度がスタートしてから、昨季までの3月末までの支配下昇格選手数は以下の通り。()内は支配下登録期限となる7月末までの昇格者の合計。

各球団が育成システムに力を入れ出したことの成果か

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY