野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • ドラフト直後の採点は当たったか? 2015年を検証、低評価だった阪神と巨人はどうなった

ドラフト直後の採点は当たったか? 2015年を検証、低評価だった阪神と巨人はどうなった

今季も数多くのルーキーたちがプロの世界に飛び込んできた。ただ、ルーキーたちは誰しもが入団して即、活躍するわけではない。身体作りに励み、3年、5年が経ってからようやく花開く選手たちも多くいる。ドラフトの真の成果は、ある程度の年数が経ってから分かるものだ。

ソフトバンク・高橋純平(左)とDeNA・今永昇太【写真:藤浦一都、津高良和】
ソフトバンク・高橋純平(左)とDeNA・今永昇太【写真:藤浦一都、津高良和】

高く評価されたのは高橋純平を引き当てたソフトバンク、今永昇太を単独指名したDeNA

 今季も数多くのルーキーたちがプロの世界に飛び込んできた。ただ、ルーキーたちは誰しもが入団して即、活躍するわけではない。身体作りに励み、3年、5年が経ってからようやく花開く選手たちも多くいる。ドラフトの真の成果は、ある程度の年数が経ってから分かるものだ。

【表】2015年各球団ドラフト指名選手一覧

 では、かつてのドラフト会議の成果は各球団、どう出ているのだろうか? ドラフト直後の“採点”で評価の高かった球団、低かった球団は? 12球団の指名評価を振り返り、現在、その年々の指名選手たちがどうなったのか、検証してみよう。

 今回は今から5年前の2015年のドラフトだ。この年に指名された選手は今季が5年目。高卒だった選手は23歳になる世代で、今季の大卒ルーキーらと同い年になる。そう考えれば、まだまだ、これから花咲せる選手が現れても不思議ではない。あくまでも現時点での成果、として見ていこう。

 2015年のドラフトで目玉となったのは高橋純平、小笠原慎之介、平沢大河、高山俊、今永昇太ら。1巡目指名で高橋に3球団、平沢と高山に2球団、外れ1位で小笠原に2球団が競合し、高橋はソフトバンク、平沢はロッテ、高山は阪神、小笠原は中日が交渉権を獲得した。高山の抽選時には、当時ヤクルト監督だった真中満氏が“外れ”を“当たり”と勘違いするハプニングが起きた年でもあった。

 この年の指名で特に評価が高かったのがソフトバンクとDeNAだった。ソフトバンクは3球団競合の高橋を引き当て、DeNAは目玉の1人だった今永の一本釣りに成功。昨季、ようやくその高橋が中継ぎとして45試合に登板して頭角を現したが、2位以下にはまだ成果は出ていない。DeNAは今永の一本釣りに成功。左腕は昨季13勝をマークして2度目の2桁勝利を達成するなどエースとして成長を遂げた。3位の柴田、4位の戸柱も1軍で戦力となっている。

 対照的に評価が低かったのがヤクルト、阪神、日本ハム、巨人あたり。ただ、この4球団、見てみると、意外に悪くない結果となっている。高山を外したヤクルトは原樹理を1位で指名。右腕は主に先発として4年間で81試合に登板。2位の廣岡大志、5位の山崎晃太朗も近年、出番を増やしている。阪神はクジで引き当てた高山が1年目に新人王を獲得。その後はやや低迷しているものの、5位の青柳晃洋がローテを担い昨季9勝、2位の坂本誠志郎や4位の望月惇志も1軍戦力になっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」