野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

メジャーの実績は日本で通用したのか? 過去に来日した“超大物助っ人”を振り返る

今シーズンはMLB通算282本塁打の超大物アダム・ジョーンズ外野手がオリックスに加入し話題を集めている。過去にもメジャーで輝かしい実績を残した多くの助っ人が日本球界でプレーしたが、ここでは“大物”と呼ばれた主な外国人選手が日本でどのような成績を残したか振り返ってみる。

オリックスのアダム・ジョーンズ【写真:荒川祐史】
オリックスのアダム・ジョーンズ【写真:荒川祐史】

アンドリュー・ジョーンズは楽天に加入し1年目でリーグ優勝、日本一に貢献

 今シーズンはMLB通算282本塁打の超大物アダム・ジョーンズ外野手がオリックスに加入し話題を集めている。過去にもメジャーで輝かしい実績を残した多くの助っ人が日本球界でプレーしたが、ここでは“大物”と呼ばれた主な外国人選手が日本でどのような成績を残したか振り返ってみる。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

○レジー・スミス(巨人)
MLB通算 2020安打、314本塁打、1092打点

 1982年オフにFAとなり巨人と契約。オールスターに7度出場、ゴールドグラブ賞1回とメジャーで数々の実績を誇るスイッチヒッターは83、84年の2年間プレー。移籍1年目は103試合の出場に留まったが打率.285、28本塁打、72打点をマークし同年はリーグ優勝、日本シリーズでは西武に敗れる。NPB通算は186試合、打率.271、45本塁打、122打点。

○アンドリュー・ジョーンズ(楽天)
MLB通算 1933安打、434本塁打、1289打点

 2012年オフにFAとなり楽天と契約。10年連続ゴールドグラブ賞、2005年には本塁打(51本)、打点(128打点)の2冠王に輝いた正真正銘の大砲は移籍1年目の2013年に球団史上初のリーグ制覇、日本一に貢献。主に4番に座り在籍2年間で281試合、打率.232、50本塁打、165打点をマークした。

○ウィリー・デービス(中日、クラウンライター・ライオンズ)
MLB通算 2561安打、182本塁打、1053打点

 日本にやってきたメジャーリーガーでは最多の2562安打の実績を引っ提げやってきた“安打製造機”。全盛期こそ過ぎていたが1977年に中日に移籍。同年は打率.306、25本塁打、63打点を記録したがシーズン中に左手首を骨折し72試合の出場に。オフに金銭トレードでクラウンライター・ライオンズに移籍し78年は127試合に出場し打率.293、18本塁打、69打点をマークしたが素行不良もあり退団となった。

○リッチ・ゴセージ(ダイエー)
MLB通算 124勝、107敗、310セーブ、防御率3.01 (ホークス退団後を含む)

 最多セーブ3度、最優秀救援投手2度に輝いたMLB屈指の守護神は1990年シーズン途中にダイエーに移籍。39歳と全盛期の力を発揮できず28試合に登板し2勝3敗5セーブ、防御率4.40の成績で同年オフに退団。だが、その後もレンジャーズ、アスレチックス、マリナーズでプレーし1994年に引退。2008年には野球殿堂入りを果たした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」