野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ファンが選ぶ最強“ホークス”ベストナインは? 柳田、小久保、松中…夢のオーダーが完成

開幕延期で「野球ロス」になっているファンの方々に少しでも心の隙間を埋めていただきたく、Full-Count編集部では“夢のベストナイン”選考をツイッターにて限定アンケートで実施。第5回はソフトバンク編。斉藤和巳氏や城島健司氏など1990年代後半から2000年代前半を支えた名選手たちが数多く選ばれた。

松中信彦氏(左)、ソフトバンク・柳田悠岐【写真:編集部、藤浦一都】
松中信彦氏(左)、ソフトバンク・柳田悠岐【写真:編集部、藤浦一都】

最も得票率が高かったのは松中信彦氏の84%だった

 開幕延期で「野球ロス」になっているファンの方々に少しでも心の隙間を埋めていただきたく、Full-Count編集部では“夢のベストナイン”選考をツイッターにて限定アンケートで実施。第5回はソフトバンク編。斉藤和巳氏や城島健司氏など1990年代後半から2000年代前半を支えた名選手たちが数多く選ばれた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 編集部の独断で各ポジションでノミネート選手を4人選出。候補選手を挙げるだけでも難航したが、全体で最も得票率が高かったのは一塁手部門の松中信彦氏で1750票のうち84%の1470票を集めた。首位打者2回、本塁打王2回、打点王3回、平成唯一の三冠王としての実績はやはり伊達ではなかった。

 先発投手部門では斉藤和巳氏が、工藤公康現監督や和田毅投手に大差をつけて選出。救援投手では“キング・オブ・クローザー”として愛されるデニス・サファテ投手がトップだった。捕手部門では野村克也氏を抑えて城島健司現会長付き特別アドバイザーが、二塁手部門では井口資仁現ロッテ監督、三塁手部門では小久保裕紀氏、遊撃手部門は川崎宗則氏と、名プレーヤーたちの名前が並んだ。

 外野手は現役選手たちが固めた。左翼手部門は中村晃外野手、中堅手部門は柳田悠岐外野手、右翼手には長谷川勇也氏が選出。特に右翼手部門では柴原洋氏や佐々木誠氏らと大混戦となった。指名打者では門田博光氏が選ばれ、豪華なメンバーとなっている。

【夢のベストナイン】
先発 斉藤和巳
救援 デニス・サファテ
捕手 城島健司
一塁 松中信彦
二塁 井口資仁
三塁 小久保裕紀
遊撃 川崎宗則
左翼 中村晃
中堅 柳田悠岐
右翼 長谷川勇也
DH 門田博光

【打順を勝手に組んでみた】
1(中)柳田悠岐
2(遊)川崎宗則
3(二)井口資仁
4(三)小久保裕紀
5(一)松中信彦
6(捕)城島健司
7(指)門田博光
8(右)長谷川勇也
9(左)中村晃

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」