野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • ソフトバンク周東が断トツ、起用回数は信頼度の証? パ・リーグ代走ランキング

ソフトバンク周東が断トツ、起用回数は信頼度の証? パ・リーグ代走ランキング

野球選手にとって、スタメンに選ばれ、ゲームの終盤まで出場し続けることは目標の1つとなるだろう。一方で、「代打」や「守備固め」のように、試合終盤に登場するその道のスペシャリストたちも、野球における欠かせないピースである。

ソフトバンク・周東佑京【写真:丹羽海凪】
ソフトバンク・周東佑京【写真:丹羽海凪】

ソフトバンクの周東はリーグトップの47回を記録

 野球選手にとって、スタメンに選ばれ、ゲームの終盤まで出場し続けることは目標の1つとなるだろう。一方で、「代打」や「守備固め」のように、試合終盤に登場するその道のスペシャリストたちも、野球における欠かせないピースである。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 今回は、そのスペシャリストの中でも「代走」に焦点を当てる。昨季、ソフトバンク・周東佑京内野手の活躍によって脚光を浴びた走塁のスペシャリストというポジションだが、パ・リーグ各球団ではどのような選手がその役割を担っていたのか。6球団からそれぞれ、昨季の代走起用数上位5名をピックアップし、その傾向を見ていきたい。

【西武】
1位 水口大地内野手 15回
2位 熊代聖人外野手 13回
3位 愛斗外野手 7回
4位 木村文紀外野手 6回
5位 佐藤龍世内野手 5回
5位 永江恭平内野手 5回

 昨季パ・リーグ2連覇を果たした西武では、水口の起用数が最も多かった。2018年こそ5回に終わったものの、17年には28回、16年には13回と、プロ通算で61回の代走起用を経験している。今季も、試合終盤の勝負所で背番号「0」が塁上を駆け抜けてくれそうだ。

 また、昨季出場試合数を大きく伸ばした愛斗は、代走起用数でも3位にランクイン。5位の佐藤龍とともに、今季はレギュラーポジションをうかがう活躍に期待したい。

【ソフトバンク】
1位 周東佑京内野手 47回
2位 高田知季内野手 18回
3位 釜元豪外野手 14回
4位 上林誠知外野手 12回
5位 福田秀平外野手 8回

 ひと際目立つのは、周東の47回という数字だろう。リーグ2位のロッテ・岡の25回と比較しても、20回以上の差をつけてリーグトップの起用回数を記録した。昨年11月に行われたプレミア12での、二盗、三盗を連続成功させたシーンも記憶に新しい。今季は自慢の快足を武器に、さらなる出場機会を狙っていく。

 そしてソフトバンクの特徴として、代走起用の回数が他チームと比べて多いことが挙げられる。2位の高田で18回、3位の釜元で14回という数字は、他球団であればトップでもおかしくないものであった。工藤公康監督による控え選手の絶妙な起用が、チームを3年連続日本一に導いたとも言えそうだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」