野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「涙が出てきた」ファンが癒された神宮の“手書き”スケッチブック、担当者の思いは

丁寧に書かれた4枚のスケッチブックの直筆メッセージは野球ファンの心に残るものとなった。明治神宮野球場が公式SNSにアップした画像は反響を呼んだ。神宮球場を訪ねると2人の女性職員が取材対応してくれた。佐久間美咲さんと小原愛美さん。ともに野球を心から愛するスタッフだった。だからこそ、届けられた温もりのある言葉だった。

明治神宮野球場が公式SNSにアップした画像が反響を呼んだ【写真:荒川祐史】
明治神宮野球場が公式SNSにアップした画像が反響を呼んだ【写真:荒川祐史】

プロ野球開幕に向けてカウントダウン企画を行っていたが延期を受けて…

 丁寧に書かれた4枚のスケッチブックの直筆メッセージは野球ファンの心に残るものとなった。明治神宮野球場が公式SNSにアップした画像は反響を呼んだ。神宮球場を訪ねると2人の女性職員が取材対応してくれた。佐久間美咲さんと小原愛美さん。ともに野球を心から愛するスタッフだった。だからこそ、届けられた温もりのある言葉だった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 2020年の球春到来が待ちきれなかった。最初は明治神宮球場公式SNSで開幕に向けて、カウントダウン企画を行っていた。1か月を切った段階からスケッチブックに「あと何日」と明記。ヤクルトの小川泰弘投手や上田剛史外野手、嶋基宏捕手らが登場していた。しかし、状況は一変した。小原さんは思いを明かした。

「(カウントダウンを)停止しなくてはならなくなって、何かコメントを出したい、と思いました。この自粛モードの世の中や、イベントがなくなったり、ストレスに感じているのはみんな同じだなと思ったので、何かそれを軽減できるものがないかなと考えて、一緒に頑張りましょうというメッセージを伝えたかったというのが一番です」

 手書きにした理由は「一番、伝わる」と思ったから。よく見ていただければわかるが、4ぺージに渡るメッセージを3人のスタッフで書いたため、筆跡の違いがある。最初は1人で書く予定だったが、あえて球場職員の“総意”として、思いを伝えたかったため、別々に書くことにした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」