野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

なぜ鷹・松田宣は「熱男リレー」を始めたか? 初めて明かした思い「みんなが1つに」

ソフトバンクの松田宣浩内野手が15日、本拠地PayPayドームで自主練習を行った。練習終了後にはオンライン会見で報道陣に対応。野球界だけでなく、他のスポーツや芸能界にまで広がりを見せる「熱男リレー」を始めた思いを語った。

オンライン会見に臨んだソフトバンク・松田宣浩【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】
オンライン会見に臨んだソフトバンク・松田宣浩【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

自身のインスタグラムで始めた「熱男リレー」が球界を飛び越えて波及

 ソフトバンクの松田宣浩内野手が15日、本拠地PayPayドームで自主練習を行った。練習終了後にはオンライン会見で報道陣に対応。野球界だけでなく、他のスポーツや芸能界にまで広がりを見せる「熱男リレー」を始めた思いを語った。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 9日に自身のインスタグラムでスタートさせた「熱男リレー」。自身のホームラン後のパフォーマンスだが、これが一気に広がりを見せている。タレントの武井壮さんや指原莉乃さんもバトンを繋ぐなど、野球界を飛び越えて波及している。

 この日、オンライン会見を行った松田宣は「展開とか想像とかは考えてなかった。コロナウイルスによって世界中が厳しい状況になってる。今プロ野球選手として何ができるか、と考えた時に、『熱男』ってシンプルで、みんなが知っている言葉で、みんなが1つになるのに近道になるんじゃないかと思って始めた」と、スタートさせた時の思いを語った。

 ソフトバンクだけでなく、他球団の選手や他のスポーツ選手もSNSで発信するなど、松田宣の思いを汲むように広がり、大きなうねりとなっている。「繋がっていると聞いてびっくりしていますし、やって良かったなと思います。『熱男』という言葉様様ですけど、みんなが賛同してくれて、日本中が繋がってくれたら良いかなと思います」と、賛同しバトンをつないでくれている人たちへの感謝の思いを語った。

「プロ野球選手として何ができるか、これからも考えないといけない」という松田宣。「手洗い、うがい、家から出ない。それをすればコロナには負けないと思う。慣れない自宅待機。みんなで乗り越えていきたいと思います」とファンにも感染予防対策を求めていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」