野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • コロナ禍でも異国に留まる日本人 フィリーズ本間氏が語るドミニカの現状と思い

コロナ禍でも異国に留まる日本人 フィリーズ本間氏が語るドミニカの現状と思い

ドミニカ共和国にあるメジャー球団のアカデミーで、コロナ禍の中、寮に残っている選手たちを裏方として支えている日本人がいる。フィリーズでアスレチック・トレーニング・ストレングス・コンディショニング・リエゾンとして働く本間敬人氏だ。フィリーズのアカデミーには現在、国の封鎖によって母国に帰国できなかったベネズエラ人選手57人が残っており、本間氏は彼らの練習や生活をサポートしている。その近況について話を聞いた。

フィリーズのアカデミーの選手たちをサポートする本間敬人氏(右端)【写真:本人提供】
フィリーズのアカデミーの選手たちをサポートする本間敬人氏(右端)【写真:本人提供】

フィリーズのアカデミーでトレーナーを務める本間敬人さん

 ドミニカ共和国にあるメジャー球団のアカデミーで、コロナ禍の中、寮に残っている選手たちを裏方として支えている日本人がいる。フィリーズでアスレチック・トレーニング・ストレングス・コンディショニング・リエゾンとして働く本間敬人氏だ。フィリーズのアカデミーには現在、国の封鎖によって母国に帰国できなかったベネズエラ人選手57人が残っており、本間氏は彼らの練習や生活をサポートしている。その近況について話を聞いた。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 カリブ海に浮かぶ常夏の国、ドミニカ共和国。現在、同国ではメジャー全30球団が若手育成のためのアカデミーを持ち、将来のメジャーリーガーを育成している。フィリーズのアカデミーは首都サントドミンゴから東に約30キロの距離にあるボカチカの郊外に位置する。

 近隣にはツインズ、ヤンキース、カージナルス、ロッキーズなど多くの球団のアカデミーが点在しており、試合も盛んに行われている。同アカデミーには16歳から22歳までの計101人の若き選手たちが所属。その国籍はドミニカ共和国、ベネズエラ、コロンビア、パナマ、メキシコ、オランダ領キュラソー、オランダ領アルーバと様々だ。

 だが、そんな未来のメジャーリーガーたちを育成するアカデミーにも新型コロナウイルスの影響が出ている。米国ではメジャー、マイナーともにオープン戦が中止されて開幕も延期になった。選手たちは自宅などで各自トレーニングをしている状況だが、それはドミニカも同じだ。

 フィリーズでは感染拡大防止のため、3月16日に選手、スタッフらにそれぞれの自宅に帰るように指示。ドミニカ人はリハビリ組の選手2人を除き、全員が家に帰り、海外組もそれぞれの国に戻った。ドミニカではその後、政府が3月19日に国家非常事態宣言を行い、陸、海、空、全ての国境を閉鎖。同20日には夜間外出禁止令を発令し、午後8時から午前6時までの外出を完全に禁じた。その後、夜間外出禁止の時間は午後5時から午前6時までに広げられた。4月3日には都市間の移動を禁止。各都市の入り口には軍による検問所が設けられている状態だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」