野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

OP戦5割球団のシーズン成績に傾向は… タイトル獲得者続出のサイン?

3月15日、2020年におけるオープン戦の全日程が終了した。オープン戦は各チームの試合数が共通しているわけではなく、球団ごとにこなした試合数は異なるのが通例だ。そういった背景もあって、オープン戦を勝率.500ちょうどで終えるチームの数は多くない。2010年から2019年までの10年間で、オープン戦で勝率.500だったチームは120チーム中10チーム。確率的には、10%にも満たないレアケースといえる。

ロッテ・石川歩【写真:荒川祐史】
ロッテ・石川歩【写真:荒川祐史】

今季は日本ハムと広島が勝率5割でオープン戦の戦いを終える

 3月15日、2020年におけるオープン戦の全日程が終了した。オープン戦は各チームの試合数が共通しているわけではなく、球団ごとにこなした試合数は異なるのが通例だ。そういった背景もあって、オープン戦を勝率.500ちょうどで終えるチームの数は多くない。2010年から2019年までの10年間で、オープン戦で勝率.500だったチームは120チーム中10チーム。確率的には、10%にも満たないレアケースといえる。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 にもかかわらず、2020年のオープン戦では、日本ハムと広島の2チームが勝率.500という成績を残した。複数チームがオープン戦で勝率.500という数字を残すのは、2013年以来、実に7年ぶり。この数字からも、かなり珍しい事象だということがわかる。

 そこで、今回は2010年から2019年までの10年間における、オープン戦で勝率.500だったチームと同年のシーズン成績、そして、先述の条件に合致するチームが輩出したタイトルホルダーたちを紹介。各種の数字をまとめるとともに、そこから見えてきたものについて考察していきたい。

 まず、オープン戦で勝率.500だったチームが複数生まれた2011年と2013年について見ていきたい。各チームのオープン戦、ならびにレギュラーシーズンでの成績は次の通りだ。

【2011年】
○巨人:12試合5勝5敗2分(5位)
年間成績:71勝62敗11分 勝率.534(3位)

○中日:14試合6勝6敗2分(6位)
年間成績:144試合75勝59敗10分 勝率.560(1位)

 オープン戦で勝率5割だった巨人と中日は、どちらもシーズンでAクラス入りを果たした。とりわけ中日はチーム打率と得点がともにリーグ最下位ながら、防御率リーグトップの投手陣を中心とした「守り勝つ野球」の極致とも言える手堅い戦いぶりを見せ、見事にリーグ優勝を飾っている。また、巨人も合計4人のタイトルホルダーを輩出しており、優秀な個人成績を残した選手は少なくなかったと言える。

【2013年】
○日本ハム:16試合6勝6敗4分け(7位)
年間成績:144試合64勝78敗2分 勝率.451(6位)

○西武:18試合9勝9敗(9位)
年間成績:144試合74勝66敗4分 勝率.529(2位)

○ヤクルト:19試合8勝8敗3分(6位)
年間成績:144試合57勝83敗4分 勝率.407(6位)

○DeNA:19試合9勝9敗1分(8位)
年間成績:144試合64勝79敗1分 勝率.448(5位)

 この年は4チームがオープン戦を勝率5割で終えるという極めて珍しい結果になったが、その中でAクラスに入ったのは西武のみ。残りの球団はいずれも5位か6位という、苦しいシーズンを送る結果となった。両リーグの最下位チームが両方ともオープン戦では勝率5割だったということもあり、オープン戦の勝率が同じチームの中でも、はっきりと明暗が分かれた年と言えそうだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」