“ヤスアキジャンプ”も自粛やむなし… DeNA山崎の胸の内「1日でも早く」

DeNA・山崎康晃【写真:津高良和】
DeNA・山崎康晃【写真:津高良和】

高い感染リスクが指摘されているファン一体型の応援

「ヤスアキジャンプに関しては自粛という形になると思いますが、僕もパワーをもらっているので、なんとか1日でも早くやれる状況になることを願っています」。17日に“オンライン会見”に臨んだDeNAの守護神・山崎康晃投手は、こう言って目を伏せた。

「ヤスアキジャンプ」とは、DeNAのホームゲームで、ファンが山崎の登場曲であるゾンビ・ネイションの「kernkraft400」に合わせ、飛び跳ねながら「ヤ・ス・ア・キ!」と声を合わせる応援スタイルだ。昨年11月17日、侍ジャパンが世界一の座に就いた国際大会『プレミア12』の決勝・韓国戦(東京ドーム)では、9回に山崎が抑えとしてマウンドに上がると、登場曲こそ流れなかったものの、スタンドを埋めたファンがメロディーを口ずさみながらジャンプしたほど定着している。ちなみに「kernkraft400」は、米国でもあらゆるスポーツの試合開始直前の盛り上げに使用されている定番だ。

 2012年にDeNAが球団を買収して以来、観客動員は右肩上がり。特に山崎が入団した15年あたりからは拍車がかかり、昨季も球団史上最多の228万3524人を記録した。

 観客を巻き込んでのパフォーマンスといえば、本塁打を放った際にファンと声をそろえて「熱男~!」と叫ぶソフトバンク・松田宣浩内野手、同様に「どすこい!」と声を張り上げる西武・山川穂高内野手が人気を博している。こういったパフォーマンスは観客の一体感を醸成するのに有効で、プロ野球全体の好調な観客動員に貢献しているといえそうだ。

新型コロナ対策チームが「肩組み、飛び跳ねなど集団での動きの伴う応援」は感染リスクが高いと指摘

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY