野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 海外
  • メキシカンリーグ開幕延期はNPBにも影響? 冬季リーグの選手派遣問題が浮上

メキシカンリーグ開幕延期はNPBにも影響? 冬季リーグの選手派遣問題が浮上

新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れているメキシカンリーグ。16日(日本時間17日)には、メキシコのロペスオブラドール大統領が感染拡大防止のための外出自粛を求める非常事態宣言を5月30日まで延長することを発表した。

高木勇人が所属するレオネス・デ・ユカタンの本拠地は試合が無く閑散としている【写真:福岡吉央】
高木勇人が所属するレオネス・デ・ユカタンの本拠地は試合が無く閑散としている【写真:福岡吉央】

メキシカンリーグ開幕も新型コロナウイルスの影響で6月以降、ウインターリーグ日程に影響か

 新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れているメキシカンリーグ。16日(日本時間17日)には、メキシコのロペスオブラドール大統領が感染拡大防止のための外出自粛を求める非常事態宣言を5月30日まで延長することを発表した。これにより、同リーグの開幕は早くとも6月以降となる見通し。メキシコでは10月からはウインターリーグも予定されており、両リーグではそれぞれの日程編成について連携を取り合っているが、玉突きの形でウインターリーグの開幕も遅れるとなると、選手派遣を検討している日本の球団にも影響が出てくることになりそうだ。

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

 新型コロナウイルスの影響で、夏と冬、2つのリーグが開催されているメキシコならではの日程問題が浮上した。夏の「リーガ・メヒカーナ・デ・ベイスボール」と冬の「リーガ・メヒカーナ・デル・パシフィコ」はそれぞれ別の団体。今季は夏はプレーオフが終わるのが9月9日で、ウインターリーグは例年通りなら10月10日前後の開幕が見込まれていたが、夏のリーグが延期されたことで、試合が被らないよう、日程を巡る綱引きが水面下で行われることになりそうなのだ。

 メキシコでは、メキシカンリーグの約半数の選手がウインターリーグでもプレーしており、監督、コーチ、トレーナーらスタッフも夏冬掛け持ちが多い。メキシカンリーグのオラシオ・デ・ラ・ベガ会長は「ウインターリーグ側とはコミュニケーションを図っており、お互い協力していこうと話している」と明かしているが、現時点では具体的な内容は何も発表されていない。これまで両リーグはメキシコ代表への選手派遣を巡って対立したこともあり、経営的にも試合数を減らしたくない両者がどこまで譲り合えるかが鍵となる。

 そして今年は両リーグの間の期間にU-23W杯がメキシコで開催されることも、この問題をさらに複雑にさせている。WBSCは9月30日から10月9日にかけて、ウインターリーグ開催都市でもあるロスモチスとシウダー・オブレゴンで同大会を開催予定。メキシコ野球連盟は、世界の野球界でのメキシコの地位を上げようと、WBSC主催の多くの大会を誘致しており、今年はU-15W杯(8月から延期)、女子W杯(9月から延期)、ベースボール5(5人制手打ち野球)W杯(12月)も国内で開催される。

 U-23はコロンビアで行われた18年の前回大会では決勝で日本を破って優勝しており、連覇が目標。試合はウインターリーグと同じ球場を使う予定で、集客面や盛り上がりを考えてもウインターリーグとは開催時期をずらす形がとられるだろう。連盟としては、できれば夏のリーグとも日程を被せたくないだろう。

 夏のリーグは今季、レギュラーシーズンが各球団102試合、プレーオフには南北各地区8チーム中上位4チームが進み、準決勝、決勝、メキシカンシリーズと、約1か月かけてリーグ王者を決める予定だった。一方、ウインターリーグは詳細はまだ発表されていないが、例年通りなら10月中旬から12月末までレギュラーシーズンを行い、10チーム中上位8チームが1月に行われるプレーオフに進出。優勝チームは2月上旬に行われるカリビアンシリーズに出場する流れだ。来年の同シリーズはメキシコで開催予定で、ウインターリーグ側としては、日程を後ろにずらすことはできないため、開幕が遅れると、試合数を減らすしか選択肢はなくなる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」