野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

金田正の400勝&365完投、岩瀬は前人未到の… プロ野球不滅の大記録【通算成績・投手編】

新型コロナウイルスの感染拡大を受けプロ野球は開幕が延期となり交流戦も中止となった。これまでプロ野球界では様々な大記録が生まれたが、ここでは先人たちが残した“不滅の大記録”を振り返ってみる(通算成績・投手編)。

歴代最多400勝の金田正一氏(左)と407セーブの岩瀬仁紀氏【写真:細野能功、荒川祐史】
歴代最多400勝の金田正一氏(左)と407セーブの岩瀬仁紀氏【写真:細野能功、荒川祐史】

通算365完投、400勝と現代野球ではありえない記録を残した金田正一氏

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けプロ野球は開幕が延期となり交流戦も中止となった。これまでプロ野球界では様々な大記録が生まれたが、ここでは先人たちが残した“不滅の大記録”を振り返ってみる(通算成績・投手編)。

【一覧】一目で分かる“不滅の記録” 金田正一、岩瀬仁紀、鈴木啓示ら名投手が残した歴代最高記録

 不滅の記録として真っ先に名前が挙がるのはやはり金田正一氏だろう。投手として残した大記録は以下の通りだ。

○通算成績(※は歴代2位)
365完投 ※スタルヒン・350完投
400勝利 ※米田哲也・350勝
4490奪三振 ※米田哲也・3388奪三振
5526回2/3イニング ※米田哲也・5130イニング

 現役20年間で積み上げた数字は日本記録として今も破られていない。この中でも特に400勝、365完投、4490奪三振は2位以下を大きく引き離しての記録だ。現役選手に絞ってみるとヤクルト石川の171勝、西武松坂の72完投、楽天涌井の1688奪三振が最多で金田氏の数字がいかに異次元の記録かが分かる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」