野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

福本豊の106盗塁、小鶴、秋山、バースらも… プロ野球不滅の大記録【シーズン成績・打者編】

新型コロナウイルスの感染拡大を受けプロ野球は開幕が延期となり交流戦も中止となった。これまでプロ野球界では様々な大記録が生まれたが、ここでは先人たちが残した“不滅の大記録”を振り返ってみる。現代野球では不可能に近い成績を残したのは誰なのか?【シーズン成績・打者編】

シーズン106盗塁を記録した福本豊氏(左)、シーズン打率.389のランディ・バース氏【写真:Getty Images、荒川祐史】
シーズン106盗塁を記録した福本豊氏(左)、シーズン打率.389のランディ・バース氏【写真:Getty Images、荒川祐史】

“世界の盗塁王”福本豊氏はプロ野球史上初の3桁、106盗塁をマークするなどTOP3を独占

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けプロ野球は開幕が延期となり交流戦も中止となった。これまでプロ野球界では様々な大記録が生まれたが、ここでは先人たちが残した“不滅の大記録”を振り返ってみる。現代野球では不可能に近い成績を残したのは誰なのか?【シーズン成績・打者編】

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 “世界の盗塁王”が残した1シーズンの成績はとてつもない。歴代最多の通算1065盗塁の記録を誇る阪急・福本豊氏は1972年に規格外の数字を記録した。(※はシーズン記録2位)

○福本豊 122試合出場、打率.301、14本塁打、40打点、106盗塁

※1973年 阪急・福本豊 95盗塁

 福本氏はプロ2年目の1970年に75盗塁で初の盗塁王を獲得すると13年連続で盗塁王のタイトルを獲得。1972年にはプロ野球史上初の3桁となる106盗塁をマークし、史上初のMVPと盗塁王のダブル受賞。ちなみにシーズン歴代盗塁記録トップ3(3位94盗塁)は全て福本氏だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」