野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • “ルーキー”イチローのスゴさを独自検証! 2000年以降の新人王受賞者と比べると…

“ルーキー”イチローのスゴさを独自検証! 2000年以降の新人王受賞者と比べると…

今から19年前の2001年。マリナーズ・イチローは日本人野手として初めてメジャーの舞台に立ち、パワー全盛だった米球界に旋風を巻き起こした。史上2人目となる新人王&MVPをダブル受賞。その輝かしいメジャー1年目は今も米メディアから脚光を浴びるほどだが、2000年以降の歴代新人王に比べて、どれほどの価値がある活躍だったのか。独自の視点で検証した。

現在はマリナーズの会長付き特別補佐兼インストラクターを務めているイチロー氏【写真:Getty Images】
現在はマリナーズの会長付き特別補佐兼インストラクターを務めているイチロー氏【写真:Getty Images】

イチローは2001年に史上2人目の新人王&MVPのダブル受賞、メジャーに旋風を巻き起こした

 今から19年前の2001年。マリナーズ・イチローは日本人野手として初めてメジャーの舞台に立ち、パワー全盛だった米球界に旋風を巻き起こした。史上2人目となる新人王&MVPをダブル受賞。その輝かしいメジャー1年目は今も米メディアから脚光を浴びるほどだが、2000年以降の歴代新人王に比べて、どれほどの価値がある活躍だったのか。独自の視点で検証した。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 27歳だったイチローは01年に新人シーズン最多242安打を放ち、打率.350、出塁率.381、56盗塁で首位打者、盗塁王を獲得。日本人野手はメジャーで通用するのかという懐疑的な見方を払拭し、シーズン116勝(メジャータイ記録)を挙げての地区優勝に大きく貢献した。MVP、新人王だけでなく、シルバースラッガー賞、ゴールドグラブ賞も受賞した。

 日米を熱狂させる大活躍だったが、2000年以降ではどれほどの凄かったのか。データサイト「ベースボール・リファレンス」によると、セイバーメトリクスによる打撃、走塁、守備、投球を総合的に評価して選手のチーム貢献度を示す指標、WAR(Wins Above Replacement)ではイチローは「7.7」。2000年以降に両リーグの新人王を獲得した40選手のうちトップはエンゼルスのトラウト(10.5)、2位はヤンキース・ジャッジ(7.9)でイチローは3位に相当する。

 WARで6.0以上はMVP級、5.0以上はスーパースターと評価される。2000年以降の新人王40選手では5.0以上はイチローを含めて9選手だけ。他の8選手の特徴を挙げるとすれば、イチローを除いた全員がシーズン20本塁打以上を記録。それに対してイチローは8本塁打だった。いかにスモールベースボールを体現した打者だったかが伝わってくる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」