野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • サイン盗みレ軍への軽い処分にファン不満「学校でカンニングした方が罰重い」

サイン盗みレ軍への軽い処分にファン不満「学校でカンニングした方が罰重い」

大リーグ機構(MLB)は22日(日本時間23日)、レッドソックスのサイン盗み疑惑の調査結果を公表し、ワールドシリーズを制覇した2018年のレギュラーシーズンで映像機器を使用してサイン盗みをしていたと断定した。レッドソックスへの処分としては、主導的な役割をした映像担当者JT・ワトキンス氏の今季の給与なしの職務停止と来季の映像担当業務の禁止、今年のドラフト2巡目の指名権を剥奪すると発表。また、18、19年レッドソックス監督だったアレックス・コーラ氏はサイン盗みと断定されている17年アストロズのベンチコーチ時代の処分として今季出場停止とした。

レッドソックスの監督を退任となったアレックス・コーラ氏【写真:Getty Images】
レッドソックスの監督を退任となったアレックス・コーラ氏【写真:Getty Images】

MLBはRソックス映像担当者の職務停止、ドラフト2巡目指名権剥奪など処分を発表した

 大リーグ機構(MLB)は22日(日本時間23日)、レッドソックスのサイン盗み疑惑の調査結果を公表し、ワールドシリーズを制覇した2018年のレギュラーシーズンで映像機器を使用してサイン盗みをしていたと断定した。レッドソックスへの処分としては、主導的な役割をした映像担当者JT・ワトキンス氏の今季の給与なしの職務停止と来季の映像担当業務の禁止、今年のドラフト2巡目の指名権を剥奪すると発表。また、18、19年レッドソックス監督だったアレックス・コーラ氏はサイン盗みと断定されている17年アストロズのベンチコーチ時代の処分として今季出場停止とした。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 18年世界一軍団のスキャンダル。多くのファンが軽い処分と納得していないようだ。処分内容を伝えた米メディア「ジ・アスレチック」の敏腕記者ケン・ローゼンタール氏のツイッターにはファンから多くのコメントが寄せられた。

「これだけか?」

「タイトルを奪えよ」

「何これ。マンフレッドはクビ」

「僕が中学校でカンニングした時の罰のほうが重かった」

「ムーキー(ベッツ)は無実だ」

「これを調査するのに100日かかったの? MLBはジョークだな」

「なんで、映像担当者の罰が監督の罪より重いんだよ?」

「映像担当者が職務停止とか聞いたことないな」

「隠ぺいだな」

 調査によると、ビデオ映像ルームでサインを分析。それを二塁走者に伝え、走者から打者に伝えていた。球種に応じてゴミ箱を叩くなどして打者に伝達した17年のアストロズほどのものではなかった。18年のポストシーズンと19年のレギュラーシーズンではサイン盗みは確認できなかったとしているが、多くのファンがレッドソックスへの軽い処分に納得していないようだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」