野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

GG賞は守備で貢献した選手が選ばれているか? データと投票結果を検証【2018年パ編】

守備の名手に与えられる栄誉ある賞といえば、ゴールデングラブ賞だ。毎年、守備面でチームに貢献し輝いた選手が各ポジションごとに選出され、9人の受賞者が決まる。選出は記者投票によって行われ、新聞社、通信社、テレビ局、ラジオ局のプロ野球担当記者として5年以上、現場で取材を担当している記者に投票資格が与えられる。

ソフトバンク・甲斐拓也(左)と西武・源田壮亮【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・甲斐拓也(左)と西武・源田壮亮【写真:荒川祐史】

“甲斐キャノン”で一世を風靡した甲斐は守備指標でもトップの数値

 守備の名手に与えられる栄誉ある賞といえば、ゴールデングラブ賞だ。毎年、守備面でチームに貢献し輝いた選手が各ポジションごとに選出され、9人の受賞者が決まる。選出は記者投票によって行われ、新聞社、通信社、テレビ局、ラジオ局のプロ野球担当記者として5年以上、現場で取材を担当している記者に投票資格が与えられる。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 記者投票によって行われるため、そこにはそれぞれの人たちの主観が入り込む。もともと守備の名手と称されてきた選手や、何度もテレビなどで報じられるインパクトあるビッグプレーをした選手には票が集まるのは仕方ないところだ。ただ、実際には打撃面の貢献度が、そこに入り込んでいるとの声があがるのも事実だ。

 そこで、ここでは様々なデータで野球を分析するセイバーメトリクスの指標を検証。株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを用い、客観的な数字から、実際の受賞結果との違いを見ていきたい。セイバーメトリクスも絶対の数字ではなく、怪我など様々な要因によってブレが生じるとされる。あくまでも、参考として見てもらいたい。

 今回は2018年のパ・リーグを見ていく。ゴールデングラブ賞の受賞者は以下の通りだ。

投手 岸孝之(楽天)
捕手 甲斐拓也(ソフトバンク)
一塁手 中田翔(日本ハム)
二塁手 中村奨吾(ロッテ)
三塁手 松田宣浩(ソフトバンク)
遊撃手 源田壮亮(西武)
外野手 秋山翔吾(西武)柳田悠岐(ソフトバンク)西川遥輝(日本ハム)

 投手は守備機会が少ないため比較は割愛し、捕手から見ていく。ゴールデングラブ賞は“甲斐キャノン”で一世を風靡した甲斐。実際に捕逸割合や盗塁阻止から算出される捕手の指標である「Catcher Defence」では7.2をマークし、12球団でトップの数字だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」