野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人原監督や坂本らが計5000万円、球団はマスク4万枚などを寄付 医療支援基金も設立

巨人は24日、新型コロナ対策を行う東京都の医療現場支援のため原辰徳監督、阿部慎之助2軍監督、菅野智之投手、坂本勇人内野手、丸佳浩外野手が1000万円ずつ、計5000万円を寄付したことを発表した。

巨人・原辰徳監督【写真:Getty Images】
巨人・原辰徳監督【写真:Getty Images】

「東京コロナ医療支援基金」を設立し寄付を募ることも発表

 巨人は24日、新型コロナ対策を行う東京都の医療現場支援のため原辰徳監督、阿部慎之助2軍監督、菅野智之投手、坂本勇人内野手、丸佳浩外野手が1000万円ずつ、計5000万円を寄付したことを発表した。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 また、原監督を含めた5人は医療現場支援のため一般の方々に対しても広く募金を呼び掛けたいと要望していることから、読売新聞社と社会福祉法人「読売光と愛の事業団」が「東京コロナ医療支援基金」を設立する。

 なお、球団からも東京都に対して、医療現場で不足している医療用マスク「KN95」1万枚と、サージカルマスク3万枚、環境除菌用クロス(60枚入り)3000パックを寄贈した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」