野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 甲子園
  • 【消えた選抜からの道5】初の“聖地”が消えた加藤学園 あえて下宿に残った生徒たちの決断

【消えた選抜からの道5】初の“聖地”が消えた加藤学園 あえて下宿に残った生徒たちの決断

新型コロナウイルスの感染拡大で大会史上初の中止となった第92回選抜高校野球大会。今なお事態の収束の兆しは見えず、夏の予選をはじめ先行き不透明な状況が続く中、各校の監督、選手はどんな思いで日々を送っているのだろうか。

選抜出場が決まった1月24日、胴上げで喜びを表現していた加藤学園【写真:編集部】
選抜出場が決まった1月24日、胴上げで喜びを表現していた加藤学園【写真:編集部】

「選手たちの悔しさには隠しきれないものがありました」

 新型コロナウイルスの感染拡大で大会史上初の中止となった第92回選抜高校野球大会。今なお事態の収束の兆しは見えず、夏の予選をはじめ先行き不透明な状況が続く中、各校の監督、選手はどんな思いで日々を送っているのだろうか。

少年野球の保護者、指導者の疑問も取材中 解決方法は「Full-Count ROOTS」へ

 地方出身者も受け入れる私立校のほとんどは休校措置に伴って寮生を自宅へ帰省させているが、初出場となるはずの甲子園が無念の中止となった静岡の加藤学園ではあえて下宿に残ることを選択した選手もいる。そこにはどんな葛藤があったのか、加藤学園・米山学監督に訊いた。

「秋に負けて、一度はあきらめた甲子園。それでも中京大中京さんが神宮で優勝して、初出場の芽が生まれた。出場が決まってからは1つ上の先輩たちや地元の方々からもいろいろな形で応援していただきました。こういう事情なので仕方のないことですが、選手たちの悔しさには隠しきれないものがありました」

 昨秋の明治神宮大会で中京大中京が優勝、東海地方に神宮大会枠が与えられ、加藤学園は甲子園初出場の機会に恵まれた。だが、無情にも新型コロナウイルスで大会そのものが立ち消えに。3月15日から再開した夏へ向けた練習もほどなく中止となり、以降は他校と同じく全体練習を行えない日々が続く。「練習をしている間は選抜のことを忘れられる」と話していたナインもいたが、今はそれすらも叶わない状況だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」