野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 6月末に無観客本拠地開幕? 3地区10チーム、100試合制の新プランが浮上

6月末に無観客本拠地開幕? 3地区10チーム、100試合制の新プランが浮上

新型コロナウイルスの影響で開幕が大幅に延期となっている大リーグ機構(MLB)がリーグを再編し、6月末にシーズン開幕させることを検討していると米全国紙「USAトゥデイ」が伝えた。

MLBは6月末の開幕プランを検討【写真:Getty Images】
MLBは6月末の開幕プランを検討【写真:Getty Images】

米全国紙USAトゥデイが3地区10チーム制、無観客本拠地開幕の新プランを伝えた

 新型コロナウイルスの影響で開幕が大幅に延期となっている大リーグ機構(MLB)がリーグを再編し、6月末にシーズン開幕させることを検討していると米全国紙「USAトゥデイ」が伝えた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 検討案ではリーグを3地区10チームで再編。無観客であるものの、各チームの本拠地開催を目指すという。感染リスクを減らすため、対戦相手は同地区内のチームのみ。遅くても7月2日には開幕させ、少なくても各チーム100試合を実施したい意向だという。

 これまでキャンプ地のアリゾナ、フロリダ両州に全30球団を集めて無観客でレギュラーシーズンを行うプランがあったが、夫人の出産を控えるエンゼルス・トラウトら一部選手から不満の声が出ていた。同紙は「このプランなら選手は家族から離れることもなく、移動の負担もかなり減ることになる」と伝えた。

 新プランでは田中将大投手が所属するヤンキース、山口俊投手のブルージェイズ、筒香嘉智外野手のレイズ、昨季世界一のナショナルズなどが「東地区」。ダルビッシュ有投手が所属するカブス、前田健太投手のツインズ、秋山翔吾外野手のレッズなどが「中地区」で、「西地区」は大谷翔平投手のエンゼルス、菊池雄星投手と平野佳寿投手のマリナーズ、ドジャース、アストロズなどとなっている。

 まだ検討段階で、MLB内ではさまざまな公式戦プランが検討されているという。同紙はMLB関係者が「シーズンは行われる。前例が無いような形でだが。しかし問題はない。これは少なくとも、シーズンであることに変わりはないのだから」と話したことを紹介した。果たして大リーグはどのような形でシーズン開幕を迎えるのだろうか。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」