野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

セ6球団監督が参加するテレビ電話会議が実現! ファンに熱い共同メッセージ発信

緊急事態宣言の下、野球を恋しく思うファンに向け、セ・リーグ6球団の監督が熱い共同メッセージを発信する。

セ6球団監督が参加するテレビ電話会議が実現!
セ6球団監督が参加するテレビ電話会議が実現!

4月30日から第1弾を公開、開幕日決定以降に続編も順次公開予定

 緊急事態宣言の下、野球を恋しく思うファンに向け、セ・リーグ6球団の監督が熱い共同メッセージを発信する。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 セ・リーグ6球団は今季からセ・リーグのタイトルパートナーとなったJERAとタッグを組み、6人の監督が夢の共演を果たし、来たるべき開幕に向けての熱きメッセージを発し合うスペシャル動画「セ・リーグ6球団監督のテレビ電話会議」を企画。巨人の原辰徳監督、DeNAのアレックス・ラミレス監督、阪神の矢野燿大監督、広島の佐々岡真司監督、中日の与田剛監督、ヤクルトの高津臣吾監督がオンラインで集結し、コロナ禍で厳しい状況の中でも前を向き、互いに鼓舞しながら健闘をを誓い合い、ファンに共同メッセージを送る。

 夢のコラボは、ステイホームが実践される社会的状況を踏まえ、企画から収録、編集まで、すべてビデオ会議アプリを使ったリモート作業で行われたという。6人の監督は球団事務所や球場の一室などに設置されたパソコンのカメラに向かってメッセージを発信。初めての試みとなったが、現役時代を含め、百戦錬磨の指揮官たちは見事に好演。全国のプロ野球ファンに元気を届けたいという願いが凝縮されたメッセージが完成した。

 監督たちから届いたメッセージをエネルギーに変え、来たるべき今季の開幕を待ち続けよう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」