アストロズ傘下のオーナーが新型コロナで死去 マイナーリーグが発表

アストロズ傘下オーナーのビル・グラッドストーン氏が亡くなった【写真:Getty Images】
アストロズ傘下オーナーのビル・グラッドストーン氏が亡くなった【写真:Getty Images】

アストロズ傘下1Aマイナスのトリシティ・バレーキャッツのオーナー

 新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期となっている米メジャーリーグ。傘下のマイナーリーグも同様に開幕が先送りとなっている中で、マイナーリーグ球団のオーナーが新型コロナウイルスに感染し、死去した。マイナーリーグの公式サイトが報じている。

 亡くなったのはアストロズ傘下1A(ショートシーズン)のトリシティ・バレーキャッツのオーナーであるビル・グラッドストーン氏。88歳だったグラッドストーン氏は4月30日に新型コロナウイルス感染症の合併症により死去したという。

 マイナーリーグの公式サイトでは、トリシティ・バレーキャッツのリック・マーフィー球団社長のコメントも紹介。「ビルはリーダーとして、パートナーとして勇気を与えてくれる存在で、野球の大ファンだった。彼の野球に対する熱意は、バレーキャッツのモットーにはっきりと表れていた」と同社長は語っている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY