ステージ3の結腸がんと闘うオリオールズ主砲 励ますナインが送った「#F16HT」の意味

オリオールズのトレイ・マンシーニ【写真:Getty Images】
オリオールズのトレイ・マンシーニ【写真:Getty Images】

昨季35本塁打を放ったオリオールズのマンシーニ、ステージ3の結腸がんの診断を受け闘病生活を送る

 ステージ3の結腸がんの診断を受け闘病生活を過ごしているオリオールズの主砲トレイ・マンシーニ外野手とナインの心温まる絆が話題になっている。米テレビ局「NBCスポーツ」はオリオールズナインがweb会議サービス「Zoom」を利用しマンシーニを励ましたことを伝えている。

 今年3月に手術を受けた結腸がんがステージ3と診断されたマンシーニ。3月12日に悪性腫瘍を切除し4月13日から2週間に1度のペースで化学療法を開始している。昨季は打率.291、35本塁打、97打点。17年から3年連続20本塁打以上を放ち現在27歳。本人も「正直言って、これはショックでしかなかった」と語っていた。

 だが、ナインはマンシーニの復活を信じてやまない。5月2日にマンシーニはweb会議サービス「Zoom」でチームメートと話す機会がありナインたちからサプライズを受けたようだ。

 全ての選手がFightとマンシーニの背番号「16」の合わせて作った単語「#F16HT」と書かれたボードを掲げエールを送った。記事では「マンシーニは以前、毎日のように行っていたチームメートとのクラブハウスでの素晴らしい時間をまた持つことが出来た。とても嬉しそうで凄い笑顔を見せていた」と伝えている。

 最後はマンシーニに向け「トレイ、早く良くなることを祈っています!」とエールを送っている。また、オリオールズ球団公式インスタグラムもナインたちのサプライズを写真で公開。ファンからも「ワオ!!! アメージング!!!」「早く良くなってね」「みんなとても素敵だね」「トレイ、愛してるよ」「オリオールズ大好き」「#F16HT!」と多くのコメントが寄せられていた。

【写真】みんなが復帰を待っている! ステージ3の結腸がんと闘うマンシーニを励ますためオリオールズナインが掲げた「#F16HT」の実際の写真

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY