野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

10年間で13球団 元オリ助っ人右腕が語る台湾球界の現状「野球ができるだけで幸せ」

2020年4月22日。米国のMLB、日本のNPB、韓国のKBO、台湾のCPBLという4つのプロ野球リーグで勝利を飾るというレアな記録を達成した人物がいる。それが30歳右腕のドン・ローチだ。今季からCPBLの統一ライオンズに所属するローチは、この日、富邦ガーディアンズ戦に先発すると台湾での初勝利を記録。アメリカとアジアで合計13球団を渡り歩く“ジャーニーマン”は、2018年に2か月だけオリックスでプレーした経験を持つ。「Full-Count」ではローチに電話取材を行い、記録達成の喜び、そして気になるCPBLの新型コロナウイルス対策などについて聞いた。

元オリックスで現在は台湾の統一ライオンズでプレーするドン・ローチ【写真提供:統一ライオンズ】
元オリックスで現在は台湾の統一ライオンズでプレーするドン・ローチ【写真提供:統一ライオンズ】

2018年途中にオリックス入団、右腕ローチが4つのプロ野球リーグで勝利を記録

 2020年4月22日。米国のMLB、日本のNPB、韓国のKBO、台湾のCPBLという4つのプロ野球リーグで勝利を飾るというレアな記録を達成した人物がいる。それが30歳右腕のドン・ローチだ。今季からCPBLの統一ライオンズに所属するローチは、この日、富邦ガーディアンズ戦に先発すると台湾での初勝利を記録。アメリカとアジアで合計13球団を渡り歩く“ジャーニーマン”は、2018年に2か月だけオリックスでプレーした経験を持つ。「Full-Count」ではローチに電話取材を行い、記録達成の喜び、そして気になるCPBLの新型コロナウイルス対策などについて聞いた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 オリックス戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 米韓日台という4つのプロ野球リーグで白星を飾るレアな記録。「達成する前は気にも留めていなかった」というが、今では「とてもクールなことだと思うし、ハッピーな気分だ。自分を誇りに思うよ」と話す。

 南ネバダ大から2010年ドラフト3巡目でエンゼルスに入団するが、メジャー昇格前の12年にパドレスへトレード移籍。メジャー初昇格を果たした14年に初勝利を飾った。カブス、マリナーズなどを経て、2017年にKBOのKTウィズに入団。海外リーグへ移籍することにためらいはなかったのか。

「もちろん、初めは慣れない国での生活は大変だったけど、これまで過ごしてきた瞬間瞬間を心から楽しめている。そして、こういうチャンスを与えてくれた野球に感謝しているよ。野球選手としても、一人の人間としても成長する機会を与えてくれたんだから」

 そもそもが「郷に入っては郷に従え」というタイプ。韓国、日本、台湾に生活の拠点を置いても「言葉のバリアがある時は、その地域のやり方を理解するのに時間がかかることもあるけれど、自分が常識だと思っていることを無理矢理押しつけるわけにはいかない。まずは受け入れること。些細なことに囚われず、広い視野を持つことが大切だと思う」と話す。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」