イチロー世界記録の議論再燃? 真のヒットキング論に賛否「海外リーグの安打は…」

現在はマリナーズの会長付き特別補佐兼インストラクターを務めているイチロー氏【写真:Getty Images】
現在はマリナーズの会長付き特別補佐兼インストラクターを務めているイチロー氏【写真:Getty Images】

米スポーツ局ESPNのミラー記者が「イチロー・スズキこそがヒットキングだ」と主張した

 イチロー氏の日米通算4367安打の世界記録が再び米メディアで議論となっている。オリックス時代の1278安打を加えた“日米合算記録”を世界記録とする見方は様々だが、米スポーツ局「ESPN」のサム・ミラー記者は「イチロー・スズキこそがヒットキングだ」と主張した。

 プロ野球は1996年まで130試合制。イチロー氏がNPBで最後にプレーした2000年までは135試合制だった。大リーグのレギュラーシーズン試合数(162試合)より試合数が少なかったことから、ミラー記者は「試合数が多いMLBにおける出場機会なら、イチローは(20歳から26歳までの6年間で)1400安打くらいは打っていただろう。日本時代より多い安打数となる」と指摘。「ピート・ローズは依然としてMLBのヒットキングになり得る存在だ。ローズは明らかにMLBの他の誰よりも安打を放った。しかし、イチローこそがヒットキングなのだ。彼がキング・オブ・ヒットなのだ」と主張していた。

 同局のジェフ・パッサン記者は自身のツイッターで「イチローが真のヒットキングだ」とする同僚記者の主張を紹介。ファンからは賛否両論、多くのコメントが寄せられた。

「幾分そう思う」

「同感」

「そうは思わない。がしかし、そう思うのも理解できる」

「そうは思わないが、アメリカで生まれていたらそうなっていたかもしれない」

「ピート・ローズ」

「絶対そうだ」

「イチローはどういうわけか過小評価されている選手だと思うけど、海外のリーグでの安打数は(ヒットキングを決める指標として)考慮できないよ」

 カナダ紙モントリオール・ガゼットは1日(日本時間2日)にローズ氏がエクスポズ(現ナショナルズ)時代の84年にコルク入りバットを使用していたと報じた。禁止バットを使用していたことが事実なら、イチロー氏とローズ氏の「ヒットキング論争」が新たな展開を見せることになりそうだ。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY