西武岡田、子どもたちへ特別メッセージ「みんなで家のお手伝いをしよう」

自主トレを行った西武・岡田雅利【写真提供:埼玉西武ライオンズ】
自主トレを行った西武・岡田雅利【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

ライオンズトレーニングセンターで自主トレ

 西武の岡田雅利捕手は昨年8月14日に手術(左拇指MP関節尺側側副靭帯修復術、関節鏡視下左膝半月板縫合術)を受けたこともあり、今年のキャンプはB班スタートだったが、途中から1軍主体のA班に合流。ここまでの回復は順調だという。

 昨年12月から今年1月の自主トレ期間中は手術後ということもあり、球団施設であるライオンズトレーニングセンターでリハビリを行った。この期間、同所を拠点に自主トレを行っていた栗山巧外野手と一緒に2か月間過ごしたことをきっかけに、今の自主練習期間中も栗山とペアで練習に励む日々だ。

 この日は9時からライオンズトレーニングセンターで栗山とストレッチ、ランニング、その後キャッチボール。途中、ミットを持ってブルペンに入り、本来であれば今季の“開幕投手”だったザック・ニール投手の球を30球ほど受けた。最後は駒月仁人捕手、齊藤誠人捕手と3人でマシンを相手に打撃練習を行い、12時にこの日の練習を終えた。

 5日はこどもの日。岡田家では1日早く昨晩、子どもたちのお祝いをし、家族みんなで自宅で手巻き寿司を食べたそうで、子どもたちはそれぞれお祝いのケーキを作って楽しんだという。

 ライオンズファンの子どもたちへは「今、外出ができない状況ですが、家でできることもたくさんあると思います。お父さんやお母さんのお手伝いをすれば、それが体力づくりやトレーニングにもつながります。お父さんやお母さんが喜んでくれたら家族みんな仲良く家庭円満になりますよね。この時期はみんなで家のお手伝いをしましょう!」とメッセージを送った。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY