野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

新型コロナ禍で影響あり? 西武中村が挑む史上9人目の通算500本塁打への道

新型コロナウイルスの感染拡大で、開幕が延期となっているプロ野球。緊急事態宣言の延長でさらに開幕が先延ばしになる可能性も浮上しており、今季は試合数の減少は避けられない情勢だ。巨人の坂本勇人内野手の史上最年少2000安打への影響が取り沙汰されているが、36歳にして通算500本塁打まであと85本としている西武・中村剛也内野手の挑戦にも大きな影響を与えそうだ。

西武・中村剛也【写真:荒川祐史】
西武・中村剛也【写真:荒川祐史】

門田博光は40歳で自己最多タイ44本塁打、2冠獲得

 新型コロナウイルスの感染拡大で、開幕が延期となっているプロ野球。緊急事態宣言の延長でさらに開幕が先延ばしになる可能性も浮上しており、今季は試合数の減少は避けられない情勢だ。巨人の坂本勇人内野手の史上最年少2000安打への影響が取り沙汰されているが、36歳にして通算500本塁打まであと85本としている西武・中村剛也内野手の挑戦にも大きな影響を与えそうだ。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 長いプロ野球の歴史の中で、通算500本塁打以上は過去8人しかいない。これまでに達成したのは王貞治(巨人、868本)、野村克也(南海など、657本)、門田博光(南海など、567本)、山本浩二(広島、536本)、清原和博(西武など、525本)、落合博満(ロッテなど、510本)、張本勲(東映など、504本)、衣笠祥雄(広島、504本)だけだ。

 中村はこれまでに現役最多、歴代16位の通算415本塁打を放ってきた。1983年8月15日生まれでプロ18年目、36歳シーズンの昨季は、123打点で4年ぶりの打撃タイトルを獲得し、本塁打も30本で4年ぶりに大台に乗せた。近年はケガが増えているが、規定打席数をクリアした8シーズン中、7シーズンでタイトルを獲得し、うち6シーズンで本塁打王に輝いているのだから、驚異的な確率である。

 過去の500本塁打突破者が36歳シーズンまでに放った本塁打は、王=716本、野村=516本、清原=480本、張本=436本、山本=416本、衣笠=404本、門田=355本、落合=342本。中村は衣笠、門田、落合を上回り、山本ともわずか1本差とペースは速いといえる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」