野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 燕・高津監督の“超遅球”がWソックスのベストピッチに 「そのスローさに固まった」

燕・高津監督の“超遅球”がWソックスのベストピッチに 「そのスローさに固まった」

米スポーツ局「NBCスポーツ・シカゴ」はホワイトソックスのベストピッチTOP14を発表し、高津臣吾氏(現ヤクルト監督)の“フリスビー”カーブが14位にランクインした。

現役時代にホワイトソックスでも活躍したヤクルト・高津臣吾監督【写真:荒川祐史】
現役時代にホワイトソックスでも活躍したヤクルト・高津臣吾監督【写真:荒川祐史】

2004年にホワイトソックスで59試合2勝3敗19セーブ、防御率2.31の成績を残した高津氏

 米スポーツ局「NBCスポーツ・シカゴ」はホワイトソックスのベストピッチTOP14を発表し、高津臣吾氏(現ヤクルト監督)の“フリスビー”カーブが14位にランクインした。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 高津氏はヤクルト時代は不動の守護神として歴代2位となるNPB通算286セーブをマーク。メジャーでは2年間の在籍だったがホワイトソックス時代は「ミスターゼロ」の愛称でファンから愛された。

 記事ではホワイトソックスが100年以上の歴史の中で「誰がベストの投球をした?」と、14のベストピッチを紹介。移籍1年目となった2004年に24試合連続無失点を記録するなど、59試合2勝3敗19セーブ、防御率2.31の成績を残した高津氏が14位に選出されている。

 選出された理由には「シカゴには長くいなかったが、彼は、シカゴで強い印象を残した。彼は2004年の間は、ほとんど打れることがなかった。彼の最大の武器の一つは、“フリスビー”カーブだった。観客にハッと息を呑ませるような投球はあまり見ることがない」と、緩急を使った投球を評価。

 当時はパワー全盛期の中、サイドスローから投じられる87マイル(約140キロ)の直球にスライダー、カーブを武器に打者を圧倒し「彼はレーダーで計測不可能なほどにスローなボールを投げた。多くの打者はそのスローさに固まっていた。それは本当にスローで80マイル半ばの速球にくらべてさえもスローに見えた」と伝えていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」