元巨人モスビー氏がブルージェイズ歴代中堅手2位に選出 MLB公式「偉大な外野手」

ブルージェイズ時代のロイド・モスビー氏【写真:Getty Images】
ブルージェイズ時代のロイド・モスビー氏【写真:Getty Images】

1992年から2年間巨人に在籍したモスビー氏がブルージェイズ歴代中堅手2位に選出

 新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期となっているメジャーリーグ。そんな中でMLB公式サイトでは各球団のポジション別歴代トップ5を特集しており、ブルージェイズの中堅手部門では巨人でも活躍したロイド・モスビー氏が2位に選出された。

 モスビー氏が来日したのは現役生活の晩年となった1992年のシーズン中。同年は96試合の出場ながら打率.306、25本塁打、71打点という好成績を残した。翌1993年はブルージェイズ時代の同僚であるジェシー・バーフィールドと右中間コンビを組んだが、開幕直後に負傷。その後は復調せずに2年で退団している。

 ただ、メジャー時代に在籍したブルージェイズの実績は輝かしいものがある。1980年にメジャーデビューすると、10年間、主力として活躍して1392試合に出場。球団史上4位の1319単打と242二塁打、同2位の60三塁打を記録。それに加えて、球団史上最多となる255盗塁も決めていることも2位にモスビー氏を押し上げた。

 記事では「モスビーは1980年の初期~半ばの偉大なブルージェイズの外野手の1人だ。ブルージェイズで様々な記録を作り称賛されてきたが、それでも、彼のトロントでのキャリアは多くの人から過小評価されている」とあらためてその功績を評価。なお、1位はモスビー氏が在籍していた1991年に加入し、1992年、1993年のワールドシリーズ連覇に貢献したデボン・ホワイト氏だった。

○以下はMLB公式が選んだブルージェイズ史上最高の中堅手トップ5

1位 デボン・ホワイト
2位 ロイド・モスビー 
3位 バーノン・ウェルズ
4位 ケビン・ピラー
5位 ホセ・クルーズ

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY