観客入場解禁の台湾プロ野球 NPBの“お手本”となるチケット販売方法や現地の様子は?

上限1000人ながら、今季初めて観客を入れて試合を開催した台湾プロ野球【写真提供:CPBL】
上限1000人ながら、今季初めて観客を入れて試合を開催した台湾プロ野球【写真提供:CPBL】

台湾では感染拡大を食い止めた“英雄”を招いてセレモニーを実施

 世界に先駆けて、4月12日に開幕した台湾プロ野球。新型コロナウイルスの国内感染リスクが低下していること、さらに、開幕から約1か月、各球団が「防疫」対策に取り組み、観客入場での試合運営に自信を得たことを理由に、5日の防疫会議で、入場者数を1000人まで引き上げることを決議。中央感染センターも6日、これを正式に認めた。

 そして、台湾プロ野球は8日、統一ライオンズ対富邦ガーディアンズ(新荘球場)及び、楽天モンキーズ対中信兄弟(台中インターコンチネンタル球場)の2試合で、上限1000人ながら、今季初めて観客を入れて試合を開催した。台湾プロ野球の呉志揚コミッショナーは試合前「母の日を前に、世界に先駆け、ファンを入れて開催できることを嬉しく思う」と喜びを示した。

「世界初」のプロ野球開幕に続き、観客を入れての試合開催も実現できた背景には、新型コロナウイルスの感染拡大防止の為に、第一線で奮闘してきた各方面の人たちの多大な貢献がある。

 そこで台湾プロ野球及び各球団は、こうした「英雄」達を試合前のセレモニーに招き、その貢献を称えた。新荘球場には武漢からのチャーター便などの消毒作業にあたった兵士を含む国軍の軍人や、コロナ対策の実務トップだった中央感染症指揮センター指揮官を務める陳時中・衛生福利部長らが、そして、台中インターコンチネンタル球場には、マスクの増産、安定供給に大きな貢献した工作機械企業の関係者が招待された。

 新荘球場のセレモニーで最も盛り上がったのは、中央感染症指揮センターの陳指揮官が紹介された時だった。陳指揮官はコロナの流行開始以来、3か月以上、1日も休むことなく定例記者会見を行ってきた“鉄人”で、丁寧な説明と人情味のある人柄で国民の圧倒的な支持を得ている。

 背番号「0」のユニフォームを着た陳指揮官は「今日の新規感染者も0人だった。これは国民全体の努力の成果だ。防疫はウイルスとの戦いであると同時に、心理戦だ。これから台湾は、健康的で無理のない、持続可能な防疫対策という新たなステージに入る。野球観戦はこうした生活に相応しい」と述べ、観客入場の解禁を喜んだ。陳指揮官はその後TV中継の実況席にも登場、今後、観客の上限を2000人へ引き上げることへの意欲をみせた。

チケットは購入者が特定できるように予約制に

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY