野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【私が野球を好きになった日16】他界した恩師を追って…北海道移転決定後初のハム戦士の今

Full-Countでは選手や文化人、タレントやアナウンサーら野球を心から愛する人々の「私が野球を好きになった日」を紹介。第16回は、元日本ハム選手で今年4月1日付で北海道・足寄の監督に就任した池田剛基さん。北海道移転決定後初のハム戦士となった池田さんは亡くなった恩師の背中を追うように、高校野球の指導者になっていた。

今年4月に北海道・足寄の監督に就任した元日本ハムの池田剛基さん【写真:石川加奈子】
今年4月に北海道・足寄の監督に就任した元日本ハムの池田剛基さん【写真:石川加奈子】

2002年鵡川でセンバツ出場→ドラフト7巡目で日本ハム入りした池田剛基さん

 Full-Countでは選手や文化人、タレントやアナウンサーら野球を心から愛する人々の「私が野球を好きになった日」を紹介。第16回は、元日本ハム選手で今年4月1日付で北海道・足寄の監督に就任した池田剛基さん。北海道移転決定後初のハム戦士となった池田さんは亡くなった恩師の背中を追うように、高校野球の指導者になっていた。

【画像】高校野球監督となった元ハム戦士・池田剛基さん 通算39本塁打を放った高校時代の豪快な打撃フォーム

 1人の指導者との出会いが運命を変えた。池田さんが札幌新琴似リトルシニアに所属していた中学3年の秋。練習場にやって来た1人の男性が「お前! いいな!」といきなり声をかけてきた。砂川北監督時代に春夏合わせて3度甲子園に出場し、鵡川に異動していた佐藤茂富監督だった。

「家に何度も来てくれて、最初に両親が佐藤先生に取り込まれました(笑)。僕自身は鵡川って北北海道? というぐらい、鵡川のことを全く知りませんでした。ただ、佐藤先生だけが『お前をプロに入れる』と言ってくれたんです。それが決め手でした。今思うと、何の根拠があって、そんなことを言ったのかなと不思議ですけど」と池田さんは笑う。それもそのはず。当時の鵡川は室蘭支部予選すら突破したことのない弱小校だった。

 中学時代に強打者としてならした池田さんの元には私立強豪校からの誘いが複数あったが、それらを蹴って、鵡川への進学を決めた。「選択肢がある中から自分で選んだのは、あの時が初めてでした」。小学3年で野球を始めた時も、札幌新琴似リトルシニア入団も「最初は友人にくっついていっただけ」と主体的に決めた訳ではなかった。そんな15歳の少年を惹きつける強烈な何かを佐藤監督は持っていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」