西武十亀、助っ人右腕ニールから“逆発想トレ”「早速自分も取り入れました」

自主練習で汗を流す西武・十亀剣【写真提供:埼玉西武ライオンズ】
自主練習で汗を流す西武・十亀剣【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

自主練習期間中は体力作り中心、ニールとコンビを組んで行っている

 2019年オフにFA権を行使して残留した西武の十亀剣投手は「言葉ではなく背中でチームを引っ張りたい」と語る先発投手陣のリーダー的存在だ。生涯ライオンズを誓った節目のシーズンで開幕が遅れている状況だが、「こればっかりは仕方ないですよね。感染拡大防止が第一ですからね。今やれることをやっていきます」と前向きに語っている。

 自主練習期間の数週間、ブルペンに入った回数は片手で数えられるほど。体力作りを中心に練習に励んでいる。

「なかなか開幕のタイミングが決まらない中、どこに照準を合わせていけばいいのか……。調整は難しいですね」

 そんな中でも自主練習期間中はニールとコンビで練習に取り組むシーンが多く見られた。きっかけは昨シーズン中の出来事だ。

「日本人選手は普通、ピッチングの時に体が前にかかりすぎないように、ゴムチューブを使って後ろから体を引っ張って練習するんです。ところが、ニールはゴムチューブを前につけて、前から引っ張っていたんです。逆だなあ、と思って理由を聞いたら、前から引っ張ることで、前のめりになるのを我慢する力を養っている、とのこと。実際の登板時にゴムチューブがなくても、前にかかるのを我慢する力を発揮できるようになるのが狙いで、早速自分も取り入れました」

 今も2人でこの練習に取り組んでいる。そんな十亀の自宅での楽しみは、昨年9月に誕生した長女と遊ぶことだという。

「1人の野球選手としてはこの状況は複雑ですが、1人の父親としては、子どもが一番成長して変わっていくタイミングで、長く一緒にいられて近くで見守れるのは嬉しいことだと思います」

 家族のため、ライオンズファンのため、開幕に向けて着々と準備を進めている。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY