日ハム宮西、12年連続50登板の原点は? 「絶対に財産になる」と送り出された消化試合

日本ハム・宮西尚生【写真:石川加奈子】
日本ハム・宮西尚生【写真:石川加奈子】

ルーキーイヤーの2008年に厚沢投手コーチから貰った言葉

 プロ野球開幕を心待ちにしながら日本ハムの取材ノートを整理していたら、思い出深い言葉を再発見した。「F取材ノート~心に残ったあの言葉」として改めて紹介したい。今回は、日本を代表するリリーバーである宮西尚生投手。

「結果的にあの1試合が分岐点になりましたね」

 これは「鉄腕誕生秘話」というテーマで原稿を書くため、2017年8月に聞いた時の言葉だ。宮西が語る分岐点とは、ルーキーイヤーにまでさかのぼる。

 2008年9月28日ロッテ戦(札幌ドーム)。宮西は1-4で敗戦濃厚の9回2死から5番手投手としてマウンドに上がった。打者3人に投げてアウト1つを奪ったこの試合で、新人ながら50試合登板を達成した。

 実は、宮西自身はこの登板に乗り気ではなかった。レギュラーシーズン142試合目、すでに心身ともに疲労困憊していた。取材ノートには「あの時はしんどくて。成績だって抹消されても良かったくらい。体力的にも精神的にもきつくて、投げたくないと言ったんです」と泣き言が並ぶ。49試合と50試合、この1試合の差が後にどれだけ大きな意味を持つのか、23歳の宮西には分からなかった。

もし50試合に届かなかったら?「俺の気持ちが切れて終わる」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY