野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 現代野球で更新は可能か? 84年の球史で“1人”しか達成していない偉大な投手記録

現代野球で更新は可能か? 84年の球史で“1人”しか達成していない偉大な投手記録

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が延期となっている日本のプロ野球。交流戦、オールスターの中止は決まり、試合数も143試合から減少する見込みとなっている。これに伴い、選手の通算記録にも大なり小なり影響を受けることになるだろう。

歴代最多400勝の金田正一氏(左)と407セーブの岩瀬仁紀氏【写真:細野能功、荒川祐史】
歴代最多400勝の金田正一氏(左)と407セーブの岩瀬仁紀氏【写真:細野能功、荒川祐史】

勝利数、投球回、奪三振…金田正一氏の記録は現代では更新不可能

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が延期となっている日本のプロ野球。交流戦、オールスターの中止は決まり、試合数も143試合から減少する見込みとなっている。これに伴い、選手の通算記録にも大なり小なり影響を受けることになるだろう。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 未曾有の事態となっている2020年だが、これまで長い歴史を紡いできたプロ野球84年では数々の偉大の記録が生まれてきている。この中にはもはや現代野球では到達不可能とも言える超人的な記録もある。そこで、84年のプロ野球の歴史で、ただ1人しか、その節目に到達できていない数々の偉大なる通算記録をクローズアップしてみたい。今回は投手編だ。

・400勝(金田正一:400勝)
・5500投球回(5526回2/3)
・1500与四球(1808与四球)
・4000奪三振(4490奪三振)

 84年の歴史で投手として数々の記録を打ち立ててきたのが金田氏だ。1950年に国鉄(現ヤクルト)に入団した金田氏は巨人への移籍を経て1969年まで20年間、現役でプレーした。そして、その成績はとにかく凄まじい。

 現代と違って金田氏の現役当時は投手が先発もリリーフを担う時代。そのため金田氏も毎年のように先発で30から40試合、リリーフでも10から20試合程度登板している。1951年から14年連続で40試合超に登板し、全てで20勝以上をマークし、1958年には31勝を挙げている。2位は米田哲也氏で350勝となっている。

 5500投球回を超えているのも金田氏ただ1人。金田氏は1951年から14年連続で300イニング以上、1955年には400イニングに投げている。また奪三振でも年間200個は当たり前。400イニングを投げた1955年には350奪三振という信じられないような数字を残し、それに伴って四球の数も多い。

 現代では先発投手は200イニングを投げれば一流とされる時代で、最多勝となるには15勝から20勝が基準となる。400勝には単純に20年連続で20勝が必要。15勝ならば27年かかるという記録。5500投球回は200イニングを27年半続けてようやく届く数字だ。時代も大きく変わっており、金田氏の記録はもはや更新不可能と言えるだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」