試合数減で膨らむ夢の“4割打者”誕生の可能性 日ハム近藤や広島鈴木誠らに期待?

広島・鈴木誠也(左)と日本ハム・近藤健介【写真:荒川祐史、石川加奈子】
広島・鈴木誠也(左)と日本ハム・近藤健介【写真:荒川祐史、石川加奈子】

プロ野球は6月中の開幕を目指す、今季のシーズンは最大でも120試合程度か

 新型コロナウイルス感染拡大により、開幕延期していたプロ野球は6月中の開幕を目指し、準備を進めている。本来143試合あったシーズンの試合数減少は決定的で、ファンの楽しみは減ることになるが、一方で前人未到の記録が生まれる可能性もある。

 プロ野球の歴史の中で数々の名打者たちが挑んだ打率4割の壁。ここでは試合数減少が“恩恵”となり、期待される“夢の4割打者”誕生の可能性を見ていこう。

 開幕は最短6月19日を軸とされており、今季は最大でも120試合程度と見られている。シーズンが120試合だと仮定すると、規定打席(120×3.1)は372打席となる。打率を上げるために必要な要素は数々あるが、簡単に言えば安打は増やし、打数を減らすこと。そこで打数を減らすために必要なポイントとなるのは「四球」だ。

 2019年にシーズン100四球を選んだ打者は日本ハムの近藤健介、ヤクルトの山田哲人、広島の鈴木誠也。この3人は約6打席に1つ、四球を奪っていることになる。2020年の規定打席を372打席と仮定し、犠打、死球を合わせると想定打数は約300。300打数で打率4割を達成するためには120安打が必要だが、これも簡単なことではない。

○日本ハム 近藤健介 (138試合、600打席490打数、148安打、103四球、打率.302)※( )内は昨季成績

○ヤクルト 山田哲人 (142試合、641打席520打数、141安打、110四球、打率.271)

○広島 鈴木誠也 (140試合、612打席499打数、167安打、103四球、打率.335)

プロ野球の歴代最高打率は1986年のバースが記録した.389

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY