西武辻監督、全選手ユニ姿での分離練習に安堵 「いよいよ第一歩を踏み出した」

練習を見つめる西武・辻発彦監督【写真提供:埼玉西武ライオンズ】
練習を見つめる西武・辻発彦監督【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

西武のナインはユニホームを着用してメットライフドームで午前と午後に分離しての自主練習

 西武は18日、メットライフドームで午前と午後に分離しての自主練習を行った。視察した辻監督は練習後にZoomでのオンライン取材に応じ「全ての選手がユニフォームを着て、いよいよ第一歩を踏み出したんだなと感じました」と語った。

 開幕に向け調整を続けるナインを見守った辻監督は「全ての選手がユニフォームを着て、いよいよ第一歩を踏み出したんだなと感じました。選手たちも、みんなで同じメニューをこなして、今までは機械相手に練習でしたけど、今日は打撃投手の球を打って、“始まったな”という気持ちになっているだろし、本当にこれから大変だなと思います」とコメント。

 緊急事態宣言が解除されないなかでチーム練習の強度を上げたことについては「今の段階では6月後半には開幕というのがありますが、そのためには、準備でき次第、練習試合等を開始しないと間に合わないということで、試合ができる状態までもっていかないといけないと思っています。野球をやるやらないの前に、健康な体で毎日顔を合わせられるというところを一番重要に考えてやっています」と語った。

試合数減も「シーズンが終わった時に1位にいられるよう、それに向かって頑張るしかない」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY