野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

甲子園中止で球児の“救済案”はあるか? 鷹・和田が“私案”「1時間でもいいから甲子園に」

戦後初めて中止が決まった夏の全国高等学校野球選手権大会。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、20日に行われた日本高野連の運営委員会と理事会で正式に決定し、夏の甲子園が行われないこととなった。

ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】

プロアマ関係の改善も望む和田「プロアマの垣根が雪解けする機会に」

 戦後初めて中止が決まった夏の全国高等学校野球選手権大会。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、20日に行われた日本高野連の運営委員会と理事会で正式に決定し、夏の甲子園が行われないこととなった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 高校総体など様々なスポーツ、文化イベントも中止となっている。野球に限らず、様々なことに打ち込んできた高校3年生にとっては、その集大成として努力の成果を発揮する場が無くなってしまうことになった。

 野球界ではこの甲子園中止に伴い、球児たちの“救済案”や甲子園の“代替案”などが早くも語られている。これからもまた様々な意見や案が語られていくことになるだろう。そんな中で、自身も浜田高時代に甲子園に出場したソフトバンクの和田毅投手も「個人的な考え」として、球児のための“救済案”を披露した。

 自身の経験からも「甲子園は特別な場所」と語る和田。ここまでの2年半、努力してきた球児たちには、何とか聖地に立つ機会を与えたいと考える。そこで語ったのが以下のようなプランだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」