鷹、6.19開幕に向け選手らの抗体検査実施へ 三笠GM明かす「近日中に」

オンライン会見を行ったソフトバンク・三笠杉彦GM【写真:福谷佑介】
オンライン会見を行ったソフトバンク・三笠杉彦GM【写真:福谷佑介】

移動時の感染予防を徹底「選手同士が密にならないように」

 ソフトバンクの三笠杉彦GMが25日、今シーズンの開幕が6月19日に決まったことを受けて、オンライン会見を行った。ついに開幕が決まり「嬉しい半分、より一層気持ちを引き締めて開幕を迎えられるようにしないといけないという気持ちです」と語った。

 6月2日から練習試合が始まる予定となっており、懸念となるのは移動になる。この点について三笠GMは「移動手段、交通機関との相談もあるから検討中というものはありますけど、なるべく選手同士が密にならないように移動する、我々の団体以外との接触を避けるというスタイルでの移動。そういう観点で考えている」とコメントした。

 また、近日中には選手、関係者らの抗体検査を実施することも明らかに。孫正義オーナーが、抗体検査キットを調達し、ソフトバンクグループ社員に提供することになっている。これを選手らにも使用する予定で「オーナーの方からグループ全体にという話があるので準備しています。近日中に実施する予定です」と三笠GMは語った。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY