42勝、29敗、541投球回…もはや更新不可能? な球史に残るシーズン最高記録【投手編】

ソフトバンクのデニス・サファテ(左)と中日・浅尾拓也2軍投手コーチ【写真:福谷佑介、荒川祐史】
ソフトバンクのデニス・サファテ(左)と中日・浅尾拓也2軍投手コーチ【写真:福谷佑介、荒川祐史】

スタルヒン氏、稲尾氏の持つシーズン42勝は更新困難か

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が延期となっていたプロ野球。感染が下火になりつつあることで、ついに6月19日のシーズン開幕が決まった。開幕を待ち望んでいたプロ野球ファンにとってもようやく明るい光が見えてきたと言えるだろう。

 その84年の歴史を誇るプロ野球では、数々の偉大な記録が誕生してきた。野球の戦略なども変化し、その中では現代の野球では更新が不可能となった“超人的”な記録もある。そこでここでは、これまでのプロ野球で打ち立てられた1シーズンでの驚愕の大記録に注目してみよう。

 今回は投手編だ。

 投手分業制が進み、投手たちの役割がハッキリと分けられるようになった現代のプロ野球。先発、中継ぎ、抑えが決められ、先発は中6日前後の間隔を空けてのローテーションが一般的に。一度の先発での球数は100球前後が主流となった。1人の投手が先発も中継ぎもこなしたり、週に複数回先発していたような頃とは様変わりしている。

 そのため、投手の歴代最高のシーズン記録には、もはや更新不可能とも言える記録が数多く存在する。まず、その1つが勝利数だ。NPB記録はなんと42勝。まだ1リーグ制時代だった1939年のヴィクトル・スタルヒン氏(巨人)、そして1961年の稲尾和久氏(西鉄)が記録したものだ。

 スタルヒン氏はこの年、68試合に登板し、うち41試合が先発。38試合で完投という成績だった。稲尾氏もこの年、とてつもない成績を残している。78試合に登板し、そのうち30試合が先発で25試合に完投している。現代のプロ野球では先発投手が年間で先発するのは25試合前後で、42勝という勝利数を残すのは難しいだろう。

シーズンの投球回の最多記録は林安夫氏の541回1/3

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY