「巨人パーラも想像してなかっただろう」 サメ入り世界一リングに米TV局驚愕

ナショナルズの世界一に貢献したヘラルド・パーラ(現巨人)【写真:Getty Images】
ナショナルズの世界一に貢献したヘラルド・パーラ(現巨人)【写真:Getty Images】

ナショナルズの世界一リングにベイビーシャークがデザインされた

 ナショナルズは24日(日本時間25日)、球団公式ツイッターでチャンピオンリングを公開した。32個のサファイア、108個のダイヤモンドなど超豪華な一品。リング背面には「ベイビーシャーク」がデザインされ、米放送局「NBCスポーツ」は「ワールドシリーズリングにベイビーシャークを刻むことでナショナルズがヘラルド・パーラに栄誉を授ける」と伝えた。

 パーラは昨季途中から登場曲に「ベイビーシャーク」を使用し、チーム快進撃の象徴となった。同局は「パーラは不振に陥っていて、曲を変えたかった。彼は元々ベイビーシャークを使いたくなかったが、彼の携帯に登場し続けた。その理由は彼の2歳の娘がこの曲を聴き続けていたからだ」と経緯を振り返りつつ、こう伝えている。

「パーラが求めていなかった“ベイビーシャーク”の曲が2019年のリングに刻まれ永遠に残るものになろうとは、彼は恐らく全く想像しなかったことだろう」

 プロ野球のシーズン開幕は延期となっているが、春季キャンプからパーラの“シャークダンス”は浸透していた。新天地でも“シャーク旋風”を巻き起こすのか注目だ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY