楽天島内、宮城県にもマスク1万枚を寄贈「子どもたちが安心して学校へ通えるように」

楽天・島内宏明【写真:荒川祐史】
楽天・島内宏明【写真:荒川祐史】

島内は釜田と共に石川・小松市、金沢市へそれぞれマスク5000枚を寄付している

 楽天は27日、島内宏明外野手が本拠地のある宮城県へマスク1万枚を寄贈すると発表した。27日に納品される予定だ。

 これまでに島内はチームメートの釜田と故郷の石川・小松市と出身校のある金沢市へそれぞれ5000枚のマスクを寄付している。「自分が生活する宮城県に何かできないかと思い、このたびマスクを寄贈させていただくことになりました。6月に入ると学校も始まるので、子供たちが安心して学校へ通えるようになることを願っています。宮城の皆さんに、少しでも元気になっていただけるよう、全力プレーで頑張ります」とコメントした。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY