野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローの“天敵”は元阪神右腕だった? 無安打に封じた男を米メディアが特集

イチローの“天敵”は元阪神右腕だった? 無安打に封じた男を米メディアが特集

歴代最多となる日米通算4367安打を放ち、昨年で現役を引退したイチロー氏(現マリナーズ会長付き特別補佐兼インストラクター)。MLB通算でも3089本もの安打を量産する安打製造機が、15打席以上対戦して唯一、安打を放てなかった投手がおり、それが元阪神の助っ人であることはご存知だろうか?

現在はマリナーズ会長付き特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏【写真:Getty Images】
現在はマリナーズ会長付き特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏【写真:Getty Images】

15打席以上対戦して唯一安打を打たれていない元阪神ボーグルソン

 歴代最多となる日米通算4367安打を放ち、昨年で現役を引退したイチロー氏(現マリナーズ会長付き特別補佐兼インストラクター)。MLB通算でも3089本もの安打を量産する安打製造機が、15打席以上対戦して唯一、安打を放てなかった投手がおり、それが元阪神の助っ人であることはご存知だろうか?

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 イチロー氏がメジャーで安打を1本も放てなかった“天敵”、それは右腕ライアン・ボーグルソン氏だ。このほど、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」が、ボーグルソン氏に注目。「天敵:イチローにヒットを許さないためには、ある投手の取りつかれたような思想や行動が必要だった」とする特集を掲載した。

 2007年、2008年と阪神、そして2009年にオリックスでプレーし、3年間に渡って日本でプレーしたボーグルソン氏。パイレーツ時代の2004年にイチロー氏を3打席無安打に封じていた右腕だが、記事では「このとき、まだ誰も気が付いてなかったのは、ボーグルソンがイチローの天敵になるということだった」と指摘。実際にボーグルソン氏はメジャーで目立った実績を残せず、2007年にプレーの場を日本に求めた。

 来日した3年間でボーグルソン氏にとってイチロー氏の顔は馴染み深いものになったという。メジャーでの活躍により、街中の広告やテレビCMなどで目にすることが多く「イチローの姿を見ることなくして、日本の街を歩くことは出来なかったよ。広告とか、とにかく全ての場所でね。マリナーズの試合もいつもTVで放送されていたし。たから、僕はあの顔に本当に馴染みがあったんだ」と右腕は振り返っている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」