日ハム、チャリティTシャツの収益50万円を寄付 約500食の弁当で医療機関をサポート

日本ハムのマスコット・フレップと「Organic Kitchen Chikyu」のスタッフの皆さん【写真提供:北海道日本ハムファイターズ】
日本ハムのマスコット・フレップと「Organic Kitchen Chikyu」のスタッフの皆さん【写真提供:北海道日本ハムファイターズ】

収益からまず50万円を寄付

 日本ハムは28日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け医療従事者への支援、サポートを目的としたチャリティTシャツの売り上げを寄付したことを発表した。

 今回の収益からまず50万円を札幌市中央区の「Organic Kitchen Chikyu」が行なっているプロジェクト「医療機関の方々に感謝を込めてオーガニック弁当を届けたい」に寄付し、札幌市内の医療機関の方々に約500食分のお弁当を届ける。

「医療機関の方々に感謝を込めてオーガニック弁当を届けたい」は、見えないウイルス、見えない不安と日々対峙する医療機関の方々に、食を通じて笑顔になってもらいたい、少しでもホっとできる瞬間を届けたいとの思いから、美味しくて健康的なオーガニック食材の弁当を無償で提供している。

 同時に、出荷先である飲食店の休業により、食材が余ってしまっている生産者から食材を少しでも多く購入することで、生産者の助けにもなるというプロジェクトで、6月1日まで実施。(プロジェクト終了後も弁当の無償提供は継続的に行っていく予定)

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY